<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カムエク ピークとったど〜〜〜

f0203992_5474537.jpg

たった今、カムエクピークをゲッツ!!!

最高過ぎて涙が溢れます。
私達は日高の神様に愛されているみたい♪

感動をありがとー(^∀^)ノ
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2011-07-29 05:47 | 山歩き | Comments(40)

THE DAY

f0203992_4363477.jpg

憧れのカムエクもバッチリ見えてます。
間もなくアタック開始ですε=ε=┏( ・_・)┛

ピークからもアップしま〜す♪
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2011-07-29 04:36 | 山歩き | Comments(0)

八の沢カールなう。

f0203992_20202888.jpg

八の沢カール最高!!!!
今は満点の星空♪

カムエクには明日、アタックします(^∀^)ノ
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2011-07-28 20:20 | 山歩き | Comments(10)

南日高 十勝岳 B沢~下りA沢

ご存知かと思いますが・・・・・ノートパソコンにお茶をこぼし電源が落ちました。

先日の沢のことをレポろうと思いましたが1枚もフォトがありません!!!
フォト頼みのblogだけに辛いところです。私は記録代わりにもフォトを使用していて、出発時刻やピーク着時間、下山時間も全てフォトのデータからいつも拾っています。写真だけで足りない時には音声も記録できる動画も使っていますから・・・・
私にとって山の写真は単に綺麗な景色だけのフォトじゃないんです!!!
しかも沢のことはまだ分らないことも多く、文章だけでお伝えすることも難しい・・・・なにせ着いていくだけで精一杯ですから酸素不足なのか、記憶もあいまいで嘘を書いてしまっても困るよね。


なので・・・・ご一緒したoyamaさんのblog「日高キチガイ~沢と焚火と雪稜を求めて~」を合わせてご覧ください。
沢歴10年のレポは流石ポイントをしっかり押さえています。



私は・・・・いくつか新たに感じたことや勉強になったことがあるので、フォトのまったく無い物となりますが記録しておこうと思います。




7月10日(日) 曇りのち晴れ

7月10、11日と連休を取っていました。
なぜなら・・・・羊蹄山合宿をしようと思っていたから。

羊蹄山は真狩コースを登っているが、他のコースは未踏。だから2連休で他の3コースを登りたいと思ったの!!
でも、沢訓の時に10日に沢の計画(初心者可能)なのがあれば是非、参加したいと言っていたのが現実に・・・・うれぴー♪
前回の沢訓でカメラが壊れ、新しい相棒の試し撮りも出来るのでワクワク。

集合場所に4時・・・・・
10分ほど前に着くも誰もいない。


5分経過・・・・・10分経過・・・・・・


起きた時(1時30分ごろ)には雨が降ってたから、もしかして中止!?それとも、もっと集合時間が早かったとか!?などなど考え不安イッパイになりながら、もしかして集合時間が遅いのかも!?とプラス思考で待つこと30分。

oyamaさん号が来たので・・・・ホッ。
沢に行く前からハラハラ・ドキドキしてどうすんだか(^^;


今回は沢訓より1週間後ということで、訓練じゃない沢山行にドキドキと緊張気味。
札幌から合流のM田さんと車止めで合流。夏山開きでもお会いしたが・・・・・記憶が薄い。
あの時は、初めてお会いする人が多くて、正直覚え切れていないのが事実。

なので当然挨拶も「若葉ですぅ~ヨロシクお願いしマンモス」とは言わないが・・・まぁ普通の挨拶を交わし出発。
本日、蓄大現役大学生も同行する。若いって素晴らしい~~~~~肌の張りが違うのよ。
もちろんオヤジ臭もしないわよね・・・・・きっと。クンクンしてないから分らんが(笑)

本日のメンバー
oyamaさん(言わずと知れた沢の達人。人の皮を被った猿・・・いや宇宙人と言ってもいいかもしれないほど高速早送りでもしてるみたいな動きでした。しかも沢で)、kameさん(沢訓では足の痛みで2日目はキャンセルでしたが大分足の痛みも良いようです。なぜkameさんというHNか気になりながらも聞き忘れた)、M田さん(札幌から参加で今回は足袋にわらじスタイルという素敵なものを見せていただいた・・・わらじ650円by秀岳荘)、T田さん(童顔ですげー可愛い顔してるのにバリバリの山女。運転する姿はまるで、高校生がハンドル握ってる感じでしたよ。でも大学から山を登り日高を歩きまくってます)、Iさん(昨年、沢には4本行っていると、水色のジャージが印象的。癒やし系でお菓子つくりが趣味・・・案外、天然系だと感じたゎ)F君(大学生・・・・若い!!この一言に尽きる。帰りに疲れた聞くと・・・まぁ少しと返答。もう少しで爪の垢をおねだりするところでした)そして、ヘタレ女王若葉。今回も更なるヘタレっぷりを疲労・・・・・じゃなく披露したわよ~~~~

以上7人パーティーです。


今回の行き先
楽古川からB沢を登り標高1457mの十勝岳を目指します。下りはA沢を降りる。
十勝岳というとご存知の方も多いですが、皆が知っているのは十勝岳連峰の主峰 標高2077m日本百名山にも選ばれている山だと思います。実はまだ未踏(^^;

なんと日高にも十勝岳があるんですよ!!!まぁ私も今回初めて知りましたけど。
日高の山ごく一部の山以外は、登山道がなく沢を詰めて登る山が殆どです。日高山に魅了された私とって、登山道のないこうした山を登れるのは本当に嬉しい♪日高の山を楽しむには沢登りなくしては無理なんだと改めて感じました。


6時40分過ぎだったと思います・・・・林道終点の車止めを出発
うす曇で時々日が差す。
まずは笹で覆われた林道歩き・・・・先頭を歩くのはkameさん。
でも、全然kameじゃない!!!!
そんなはや歩きな感じじゃないのに早いんだわ。
そのすぐ後ろを歩く私は着いて行くのも精一杯で、川原を歩くのもピョンピョンと軽いリズムに乗って進む。
見てると簡単そうだけど、これが以外に難しい。何も考えずに歩いているようだが沢の申し子oyamaさんはちゃんと考えながら歩いていると話す。

5年もすればスムーズに歩けるようになるよ!!と言っていたけど・・・・遠いね(笑)
楽古川のA沢、B沢出会いまで来るのにすでに汗だくぅ~~~~~~ヘロヘロ~~~~~
早く滝に会いたい~~~~~と思う。
バテないようにオニギリやパン、おやつもチョコチョコ食べる。


A沢B沢分岐を過ぎると・・・いよいよお楽しみの滝が出て来る。
F1は10m近い高さ、その後も幾つかの滝を登る。
※F1とは・・・・・Fall(滝)のことで出てきた順にF1、F2、F3・・・・と表現します。
北海道山谷の本ではF6の10m以上の滝が核心となっていたがロープも必要なくサクサクとクリア。
なんだか・・・・あっと言う間に終わった感じ。


行動しながらも当然、分岐や枝沢が見えるたびに地図で現在地を確認。
でも源頭を過ぎるとバテバテで地図を取り出すよりも座り込む。私にとっての核心部は源頭からですよ(笑)
※源頭とは・・・・沢の始まり。つまり、ここを過ぎると水が無いのよ~~~

ピークまでは藪漕ぎ&ハイ漕ぎでヘロヘロと歩いていると・・・・・
ハイ松トラップにハマったーーーーーー!!!!!左足が入り組んだハイ松の隙間に入り込んでしまい抜けなくなる!!!
無理やり抜こうして腓腹筋(ふくらはぎ)が攣った!!!(T0T)
私の後ろを歩いていたIさんが枝を広げてくれて足を引っ張ってくれて・・・・何とか脱出成功(^^;
すでにピークに到着していたoyamaさん&kameさんが心配してピーク手前で待っていてくれました。

やっとの思いでピーク着!!(時間は・・・わからい)
三角点があったのでメットと記念撮影もしたのだが・・・・フォトは無い(^^;
しばし休憩後に下山っす。

降りはA沢を降りる予定。ハイ松を漕ぎながら下る。
沢靴での下りはホントすべるぅ~~~何度も尻餅を着きながら何とか着いて行く。
ガレガレの岩場の沢に出て行くと・・・・・・
見事な柱状摂理のような岩壁が眼下に広がる深い谷に出た。
凄いスケールに息を呑む・・・・・

あまりの美しさに声も出ない・・・・・


でも、その谷はA沢ではなかった。
若干登り返してA沢に出て無事下山したが・・・・・・私としてはあの谷の渓谷の美しさが今も忘れらないでいる。
ルートを間違えてkameさんは謝っていたが、私は感謝をしたいくらいだ!!!

ホント素敵だった。また、あの光景を見に行きたい。
もちろん・・・フォトって来たよ♪
でも・・・・今は見れないのよ(笑)

登り返してA沢に出る前・・・・空には青空が広がり沢訓で登った野塚岳(私はピークを踏んでなかったけど)やオムシャ岳が見えた(^o^)V


☆☆☆反省☆☆☆
ルートを間違えて降りた沢で高さ1m20cm程の高さから転落した。
落ちた下は平坦で私の体がスッポリ入るスペースがあったのとザックがクッションとなったこと。そして頭を打ったがヘルメットを被っていたので、まったく怪我も痛いところも無かったのだが・・・・・
それから、下りが怖くなってしまい腰が引けビビリまくりで皆さんの足を引っ張ってしまった(^^;
情けない・・・・・でも、なぜだか妙に怖く感じて足を思いっきり伸ばせないのだ。
A沢は殆ど危険な場所なんて無いのに・・・・沢訓の下りよりも怖くてたまらなかった。

沢を自在に歩き回るkameさんに・・・・・・
私「怖くないですか~???」と聞いてみた。
kameさん「怖いよ~~~怖くないわけが無いよ!!」と笑って話していた。

そうか!!みんな怖いんだ。oyamaさんも沢を始めた時は上手く歩けなかったと言ってたし、何度も沢を楽しむうちに克服できることもありそうだ!!!沢に向いてないのかな!?なんて考えていたけど・・・・そんなことを考えるのは止めよう。とにかく、沢は楽しい!!!ホントに楽しいのだ!!!
ワクワク・ドキドキ・ハラハラのオンパレードは脳内麻薬が大放出でパワーと持久力の無い私にはヘロヘロ・ヨレヨレ状態になるけど・・・・・

これからも沢に行きます!!!ご迷惑をお掛けしますが皆さんヨロシクです。
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2011-07-24 09:16 | 沢歩き | Comments(10)

大好物♪

f0203992_2214134.jpg

今日の夕方、ご飯支度をしていると…


ピンポーン♪


誰か来た!?窓を覗くと白い大きな車が止まってる。


娘が「ママ、セールスだわー」と覗き穴を見て言う。


こんな時間に…セールスか!?と思って断るために少しドアを開けてみると、メロン&とうもろこしが入った箱を抱えたmyorさんが立っていた。


メロン&とうもろこしは娘と私の大好物!!!
こちら方面の山を登りに来たついでに届けてくれたのです♪


今季、初のとうもろこしはめちゃめちゃ甘かったわぁ〜
一瞬で食べ終わった(≧∇≦)



myorさん。わざわざありがとー嬉しかったよ(^∀^)ノ

明日…雨の確率が高いけど、楽しんで下さいね〜(笑)


メロンは3日後が食べ頃らしいので、しばらくお預けっす!!


娘…毎日「まだ〜?」と聞くんだろうなぁ(笑)
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2011-07-23 22:14 | ひとりごと | Comments(2)

納涼会

f0203992_046366.jpg

今日は帯労の例会後に飲み会っす!!


☆☆☆追記☆☆☆
体調崩し気味で外飲みを控えていたので・・・・久々の生ビール。
しかも大ジョッキーで頂きました!!

ちょうど当日はすげーーーーー暑くてビール日和♪
3連休の初日・・・・16日は休みだけど娘のバレーの大会があった(^^;
たまには応援にも行かないとね~~~~
だから山行計画のない私は一足先にkameさんとkonさんと帯労近くの居酒屋へGO!!
二次会は事務所(笑)
kumaちゃんアイスありがとーお金も払わずに帰ってしまったゴメンナサイm(_ _)m
次回、会ったときに払いますから~~~~


これから・・・夏本番!!
みなさん、また暑い日に冷たくて美味しい酒を飲みましょう。

[PR]
by wakaba_a1012sora | 2011-07-13 00:46 | ひとりごと | Comments(4)

やっちまったーーー!!!

f0203992_11364948.jpg

パソコンにお茶をこぼした〜〜〜
しかも、一滴二滴じゃねぇ〜ガバッといった…ガバッと!!!

一瞬、放心状態となり慌てて電源を切ろうとしたら自ら電源落ちた。





チーン…………



無駄な抵抗か?





ドライヤーで乾燥中。



復活するわけ無いよね(ToT)




でも奇跡はあるかも…しれん




あーホント。バカボンだわ




半べそっすp(´⌒`q)
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2011-07-11 11:36 | ひとりごと | Comments(14)

山登り4年生♪

7月7日 快晴でしたね。

2008年7月6日に初めて娘と登山をして昨日で丸3年でした。
なので今日から4年生です(*^^)v

ホントは天気が良かったので山にでも~~~と言いたいところですが咳喘息がまだ続いています。
青空の休みなのに病院2カ所を回り薬漬けの日々に多少参ってます(^_^;)

まだまだ全てにおいて初心者の域を脱していない私ですが親子二人でキャンプを始め、テレマークを始め、沢登りを始め、山で見る夕日や朝陽が見たくて夏尾根の縦走が大好きになりました。
山登りを始めた頃は、山のことが一日中頭から離れない程でした。まぁ冬になればテレマークのことが頭から離れないんですけどネ(笑)
今は・・・・もちろん沢のことで頭がいっぱいです\(^o^)/


好きな事があって、それを出来る環境がある。
つくずく幸せ者だと思います。
山登り4年生の1年間はどんな山と人との出会いがあるのだろう!?


楽しみ♪楽しみ♪


そして、新たな私の相棒をご紹介します。
実は先日の沢訓でコンデジがとうとう壊れまして・・・・・
撮影機能は健在ですが液晶が割れてしまった様でまったく映らないんです。
f0203992_23152252.jpg

沢訓の2日目の朝からこんな感じでしたから・・・・
二日目は殆ど感でシャッターを押しまくりでした。
枚数撮れば何とかなるだろうと撮影枚数は2日間で396枚に。
使用出来る写真は200枚を切ってましたゎ(-_-;)


使い慣れた相棒なので治せないか聞きに行きましたが時間と相当お金もかかるので購入した方が良いと言われました(ToT)

元が取れるくらい使ってはいるけど・・・・2年もたなかった。
いつもザックにぶら下げて、時にはい岩場でゴッツ!!落としてしまってガッツン!!などなど・・・
耐衝撃1.2mというので結構、扱いが乱暴だったのかしら(^_^;)
顔も傷だらけですわ~~~~~
f0203992_23231785.jpg

緑の色合いがかなりお気に入りでした♪

今までありがとー(^o^)丿
このカメラは下取りに出したのでカメラショップでお別れ。


そして・・・新しい相棒はコチラ↓↓↓
f0203992_23253163.jpg


GPS機能搭載、耐衝撃2m、水深12m、方位計、高度計、気圧計も付いている(必要かは分からないけど)
なぜコレにしたかと言うと・・・・

ペンタックスのコンデジを使う前はパナソニックのLumixを使用してたの。
すごい色合いがキレイいだったんだ~~~でも冬に壊れたので機能重視で選んだのがペンタックスのOptioでした。
実際に使ってみると・・・・最初は機能が良いからルンルンで次もこれを使おうと思っていたけど、やっぱ気になるのが色合いだ!!!
なんか・・・イイ色が出ない気がして(Lumixと比べてですが)それに冬の動画が全然ダメ!!
だからと言って山で本格的に動画を取る必要性も感じないので、そこそこ見れる程度ならイイと思って・・・・音neが使用しているのも確かLumixで動画が意外に見れるレベルなんだよね~~~
パナソニックはカメラの中では動画に力を入れているんですって、だから他の機種に比べて動画がキレイだとか(カメラ屋さん談)


まぁ今回は画質で決めたと言う感じです!!
結果、機能もコチラの方が良いのですがね~~~

今回は大事にケースに入れて使う予定。液晶の保護シートも張ってもらいました(*^^)v
取りよせだけど・・・・シリコンケースも購入したよ。
ホントは赤が欲しかったけど在庫が無かった。
取り寄せだと週末の山行には間に合わないので青にしてみたのです。



山登り4年目からの景色を大事に納めて行きます♪♪♪
今度は長いお付き合いをしたいです!!(私次第だよね~)アハハハ・・・・
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2011-07-07 23:48 | ひとりごと | Comments(12)

2011 沢訓練

7月2日~3日の2二日間。
入会した帯労(帯広勤労者山岳会)の行事、沢訓が行われました。

昨年、沢に2度行き、その魅力にハマった私。どうしても沢に行きたくて今シーズンに思い切って帯労に入会したのです。
なので沢訓を待ってましたーーーーーっ!!!
しかも2日間の日程で沢訓ができるのです。ちょー嬉しい♪
2日間の日程で沢訓をするのは帯労初の試みだとか・・・・ラッキー(*^^)v
モチロン私は両日参加でしたが土曜日のみの人や日曜だけの参加の人ともいました。
入会したてで装備も殆どない新人の参加もあり昨年、初めて沢に行った時の自分を思い出したり、重ねたり・・・・



<ルート>
野塚川・・・1日目 野塚岳南東面沢
      2日目 オムシャヌプリ北面沢

<訓練内容>
基本的な沢の遡下降技術(ゴーロの歩き方、滝の登り方、藪漕ぎ)
地図読み
懸垂下降(支点の構築を含めたセットの仕方、セルフの取り方、下降の技術)
ザイルを使った登り方
雪渓の処理
野営技術(テン場の選定ポイント、ツエルトの張り方、焚火の熾し方、食事)

<陣営場所>
野塚川450m二股(実際には450mよりも少し上流)

<参加人数>
両日、各日含め総勢20名の参加
遠く標津からの参加もありました。



***沢訓 1日目***

7月2日(土)曇り
帯広を4時に出発(若干過ぎてましたが・・・)
空は曇り。まぁ~雨じゃないだけ良しとしましょう^_^;
駐車スペースに限りがあるので乗り合わせて車止めに向かう。

林道は整備されている感じでは無く・・・・脱輪の危険がイッパイの林道でした。(運転してなくて良かった)
f0203992_05772.jpg


車止めに到着後は共同装備を分配し準備
f0203992_059185.jpg


晴れることを祈りながら、ココからは2パーティーに分かれて行動する。野営道具も持っていよいよ出発!!
f0203992_105748.jpg



2日前に山行部長oyamaさん(blog 日高キチガイの管理人)が今回の沢訓の下見に出かけ野営ポイントを探してきたそうなので、そこを目指してすすむ。
先発パーティーと合流出来ず、野営ポント付近にシュラフやビールなどをデポ。
f0203992_1135484.jpg

f0203992_114829.jpg

キツネなどに悪戯されない様に木にくくっておきます。このとき、臭いの出るものはデポしてはいけません。私は共同装備としてツエルトを預かったので、迷わずデポっす!!


身軽になったところで、いよいよ野塚川を遡行します。
f0203992_1214291.jpg


鹿の足を発見したFuさん。なんか妙な臭いがした~~~(笑)
f0203992_1225293.jpg
Fuさん。しばらく・・・持ち歩いてました^_^;



野塚川の流れを跨ぎ突っ張りで進む。1G7名×2でしたからやや渋滞気味ですね。
まぁ私達しか入渓していませんでしたから、一つ一つの動作を確認しながら行きます(*^^)v
f0203992_127199.jpg

f0203992_633010.jpg

股が~股が~~~ちぎれるぅ!!!!なんて・・・叫んでませんから(笑)


危険個所ではお助け紐やロープを出してくれてビビりながらもなんなんく突破
f0203992_662452.jpg

f0203992_684088.jpg


ほんの少しでしたが雪渓も残っていました。
f0203992_610618.jpg

雪渓の上を歩く時のコツや注意点、落ちない様に何処を歩けば良いのかなどの説明を聞きながら歩く。
私の後ろを歩くFuさんが・・・・お決まりのズボッ!!!美味しい写真頂きました(笑)
f0203992_6134954.jpg


1000mを過ぎたあたりで源頭を過ぎて稜線へ向かう。
水流が無くなったのと同時に私のパワーも無くなり足が全く上がらない!!!
呼吸はさほど荒くないけど・・・とにかく足が上がらず、みんなと一緒に歩けないほどへばる。
先にどうぞ~~と後ろを歩くFuさんNakaさんに道を譲る。
するとSLのNaさんが「ゆっくりでいいぞ~~何度も立ち止まりながら歩くなら、ゆっくりでいいから歩き続けた方がいいよ」とアドバイスをくれながらヘタレな私と歩いてくれる(嬉)
Naさんありがとうございました(^o^)丿


やっとの思いで稜線へと出ると・・・・
ガスガスで景色は見えなかったけど気持ちい風が吹き抜けて気持ちえぇ~~~~
f0203992_6154171.jpg

ココから30分程、稜線を歩き野塚岳のピークとなりますが・・・・・

ヘタレな私。実はかなりヘロヘロですでにピークを目指す力が残っていなかった(ToT)
それでも皆とピークを目指そうと考えたのはザックをデポすることだった。(ロープをデポするのを見て考えついた)
この時間の稜線だし・・・・・熊ちゃんの心配は無いだろうな~という勝手な思い込み。
空身で登っても・・・・辛い!!!
ホント足が前に出ない。どうした自分!?

そんな時、素敵なお昼寝岩を発見する!!!
f0203992_6324740.jpg

素敵なお昼寝岩とは・・・・・大きくて平であまり傾斜がない岩のことを言う(私だけですが)

思わず岩の上にゴロンとしてしまった。
私「もう駄目ですぅ~~~ココで寝てるので皆さん行ってきてください!!」
そして、5秒で入眠!!!(早っ)
f0203992_6363913.jpg

どのくらい寝てたのだろうか・・・・・
しばらくすると1G(先発隊)PLのoyamaさんとkonさんが降りてきたので・・・・起きた!!涎を垂らしてたゎ(^_^;)

oyamaさん「ココで寝てたの?あと10分くらいでピークなのに~」と笑われた。
その後もウトウトしていたら・・・こまくさ会でも一緒だったkumaちゃんが降りてきて・・・・
kuma「うわっ!!!熊かと思ってビックリしたーーーー」とkumaに熊と間違われた(-_-;)

1Gの皆さんが通り過ぎてまたまた・・・ウトウトしているとPメンバーが戻ってきた。
もちろんピークを踏みたかったけど、ホントに体が・・・足が動かなかった。
それに次の日もあるので無理はしないでおこうと自分を納得させる。良い休憩時間となった。

原因を考えると・・・・何故だかがわかった。
すげー初歩的なミス。シャリバテだった!!!(T_T)
この日、行動中に口にしたのはナッツ類とドライフルーツのみ。もちろん行動中に食べようとパンもあったのに食べていなかった。
それだもん足に力はいらんよね~~~初めてのシャリバテで気付けなかったわ^_^;
で、もちろん下山の時にパンを食べたら・・・・とたんに元気っす(^o^)丿

相変わらずアホ過ぎる。
f0203992_657430.jpg

皆と合流してザックをデポしているところへ戻ると・・・・・・

ザックに異変がぁ!!!!!
f0203992_6575598.jpg
f0203992_658756.jpg

なんじゃこれ~~~~(松田勇作風)
熊の仕業か!?kumaなのか!?

まぁこんなことをしそうなのは・・・・・すぐにピンと来た。
修行が足りん!!ちゅーことですねkonさん。oyamaさん。(笑)

いくら焚火好きでも稜線から薪を運ぶことは・・・・出来ないっすわ~~~~
デポしておいたんで次回、運びます(嘘)
ナイスなblogネタ提供 あざーーーっす!!!

沢靴での下りは滑り易いので慎重に・・・・滑る様に下る
f0203992_7135347.jpg


懸垂下降もします。懸垂してるのは入会したばかりで、いきなり初沢デビューのobaくん。
この時が初めての懸垂下降でした。
f0203992_717886.jpg

懸垂が終わり緊張から解放された笑顔が最高でしたよ~~~
これで彼も間違えなく沢の魅力にハマったでしょう!!!(きっぱり)


17時前にはC1着。焚火用の薪を拾いながらだったので若干、到着が遅くなりました。
今回は初のツエルト泊。木を使いロープを張る。ツエルトのロープが短ければシュリンゲも使いながらのツエルト設営にはかなり興奮した!!好きだわ~こういうの(#^.^#)
f0203992_7342219.jpg

下山後、2人が帰りお泊まりは11人。(予定では14人だった)
大人数のため2日ほど前に下見に来てすげーいい場所を探してくれたoyamaさんありがとうーございます!!
タープもあり、整備されたキャンプサイトの様にツイルトが並ぶのを見ると心が070.gif
今シーズンにトライしたかった一つにツエルト泊があったので・・・・これで達成。
次回は自分のツエルトで野営をしたい。


今回、食当(食事当番)をしてくれたのはoyamaさん。
山行計画から下見、食当などなど・・・・・ホントすげー人だ。
夕食のメニューは豚汁と麦飯。手際良くサクサク作る。もちろん調理には焚火の火を使う。
oyamaさん曰く「焚火の方が御飯が簡単に炊けるよ~」とサラリと言うのがカッコイイ。
豚汁の具にはoyamaさんが作った乾燥野菜も入っていて具だくさんでホント美味しかったです。
f0203992_811392.jpg

oyamaさんホントありがとーございました。マジで良い主婦になれそうだわ(笑)
次回、機会があれば食当させて頂きますね~(*^^)v
ご飯を炊くのは自信無いですけど・・・・

焚火と言えばマシュマロでしょ~~~
そして、焼き芋!!!ですが・・・・さつま芋を3本準備したもののザックに入らず家に置いてきました(ToT)
初参加だったので未知の世界すぎだったので、皆さんの足を引っ張ってはいけないと思い極力荷物を減らしましたけど・・・・激しく後悔したわ~~~~


夜は焚火を囲み酒と語らいを楽しむ
f0203992_8162797.jpg

なんか・・・・焚火の会を思い出す雰囲気。
焚火のそばで既に寝ている人も・・・・私も次の日の行動に備えて21時には就寝。
焚火宴会はまだまだ続いているようでした。

More 続きはコチラ
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2011-07-07 11:34 | 沢歩き | Comments(20)