オホーツクあばしり牛乳

オホーツクあばしり牛乳
f0203992_7243251.jpg

網走市潮見の楠目俊政さんが経営する牧場「オホーツクディリーファーマズ」で作られた牛乳です。

私、ちょっと病気!?になってしまいまして…現在自宅療養中で、仕事も休んでおり、引きこもり中なのです(>o<)
で、ちから!さんがお見舞いに買ってきてくれたのが、この牛乳!!

さっそく、今朝の朝食後に飲んでみました。
そして、第一声は…
「あま~~~い」o(^o^)o

牛乳で、こんなに甘味を感じたのはcafeとかで飲む砂糖の入ったホットミルクくらい!!!
砂糖入ってるの!?この牛乳!?
と、疑うほどの美味しさでした(≧∇≦*)
以前、パックのあばしり牛乳を飲んだ事があったけど…それよりも瓶の牛乳の方が甘さを感じた。
すごーーーーく甘い!!!

なんで、こんなに甘いのか…
この牛乳を作ってるオホーツクディリーファーマズでは低温殺菌というのをやっています。

私がよく飲んでいる牛乳は高温殺菌で、120℃2秒の殺菌です。
f0203992_755437.jpg




オホーツクあばしり牛乳の低温殺菌は…
65℃で30分の殺菌で風味が飛ばず、栄養も残っているそうです。
f0203992_7525783.jpg

他にも、オホーツクあばしり牛乳の美味しさの秘密がありました。

普通、乳牛と言うとホルスタインが一般的ですが、ここではホルスタインだけじゃなく、ジャージー牛も飼育され、その生乳も入ってるそうです。
ジャージー牛乳は乳量は少ないそうですが、濃厚な生乳なので、オホーツクあばしり牛乳の濃厚でさらりとした喉ごしは、ジャージー牛乳だったんですね♪

あと、普通乳牛の餌は夏は青草、冬はサイレージですが、それだと年間通して味にばらつきがあるのですが、あばしり牛乳は年間通してサイレージを使用しているので、毎日変わらぬ味の美味しい牛乳を飲めるのです!!(^_-)-☆

「コストがかかっても美味しい牛乳を」という生産者の方針があってこその美味しさなんですね~


オホーツクディリーファーマズでは、牛の飼育、生乳生産、殺菌、瓶詰め、販売を一貫して行っており、搾ったばかりの生乳は翌日には網走市内のスーパーなどで買えるのです!!


網走呼人にある「網走ジェラート リスの森」ここのジェラートは激うまなんですが、原料の牛乳はオホーツクあばしり牛乳です!



以前、ちから!さんが、網走牛乳の牧場経営・・・・大変らしいよ~と言っていました。
地元の根強い人気に支えられ、これからも美味しい牛乳を作り続けて欲しいですね♪
ぜひ、網走に立ち寄った時は甘さを感じるオホーツクあばしり牛乳を飲んで見て下さい。
牛乳の違いを感じるはずです(*゚▽゚)ノ




※ちなみに…瓶は30円で引き取ってくれるそうなので、捨てないようにね♪
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2013-07-07 07:23 | ひとりごと
<< 入院しました。 雌阿寒岳 阿寒富士 オンネトー... >>