カムイエクウチカウシ山 (1979m)

コメントもなかなか返せずいにいる騒ガールです(笑)
スカッ晴れの先週の日曜日。楽古の沢に行って下山では滑り台や滝の飛び込みと大ハシャギしてズボンのお尻が真っ二つに裂けたけど・・・・
やっぱ沢は最高だわ!!!
もちろん今週末も沢です。日高の沢がホームの帯労には珍しく、富良野界隈をお騒がせに行きます。
残り少ない沢シーズンをガツンと楽しまんとね(^0^)v


その前に。
古いネタだけど、憧れのカムエクの話を。。。



憧れのカムエクに行ったのは・・・・かれこれ1ヶ月ほど前になる。
最近は仕事の忙しさはもとより、休みのたびに山に行っているので準備と後片付けに追われblog更新も滞っている。
まぁ改めて言うほどのことじゃないけど・・・・いつもだから(笑)

遅れ遅れながらもblogアップしたいと思うのは、本当に最高の山だったから!!!
時間が経っても全然色あせないで、その時の光景を思い出せる!!!
素敵な景色を写真で切り取ってblogに貼り付けても本物の景色とは違うし、伝えれないし、伝えきれない。
でも、雰囲気だけは伝えられるよね!?皆さんにもどんなに山が素敵か・・・・・日高の本当の美しさがどんなものか・・・・少しだけでも感じてもらいたいな~~~



「カムエク」日高の山が好きな人なら誰しもが憧れる言葉・・・・・カムエク。(ちょっと言い過ぎか!?)
それにしても、いい響きだわ~~~~~

私が初めてカムエクに出会ったのは、昨年6月にコイカク、1839峰縦走をして、カムエクの凛々しく堂々とした山容に一目惚れをしたことに始まる。「来年は絶対にカムエクに登る!!」と1893峰のピークで誓ったことが現実のこととなった。


7月28日(木) 曇り時々晴れ
1日目  ~八の沢カールは藪の彼方に・・・・~
札内ヒュッテ先のゲート前の駐車場に4時集合。
空にはガスがかかっていた。
前日は普通に仕事だったので、仕事が終わり最終準備をして2時間ほど横になってウトウトするとすぐに起きる時間となる。完全な寝不足だけど気持ちが高ぶっているせいなのか元気だ。あっ・・・・いつも元気だけど(^^;

メンバー:T田さん、kumaちゃん、若葉

4時20分
ゲートを越えて長い林道歩きが始まる
f0203992_0343733.jpg

途中、ご立派な橋もあり車で入れない残念さをブツブツ愚痴りながら歩く。
f0203992_0372164.jpg

思ったほど時間はかからずに七沢に到着する。
ココからは沢靴に履き替えて沢と言うより・・・川原ですが時々川の冷たい水に足を浸しながら歩きます。
f0203992_0422874.jpg


7時40分 八の沢出合い着。
ココは人気のテン場ですが、平日なので1張りもありませんでした。
テン泊予定地は八の沢カールなのでもちろん休憩だけでスルーする。
ガスってた空は晴れ始め前方にカムエクの稜線が見え更にテンションが↑↑↑
f0203992_0495792.jpg

単調な川原歩きだけど今シーズン初の縦走装備がずっしりと肩に食い込み汗だくだく。


9時42分 カムエクの姿に励まされ三股着。
f0203992_0534062.jpg

ちょうど、エサオマンから縦走をしてきた4名の男性パーティーが大休憩をしており、もう下山だからと小さなペットボトルに入ったウイスキーをくれた。
f0203992_5124419.jpg

縦走中始めて人に会ったと話していました(^^;
その中のお一人が帯労の☆oyamaさんのお知り合いMIKOさんで当blogにもコメントを頂、下山後にこの時の写真と動画も頂きました♪
MIKOさんのblog →井の中の蛙、カイラス山巡礼に挑む

MIKOさんへ
三股でエサオマンから縦走してきたとう話を聞き、私も来年は・・・・なんてワクワクしながら話を聞いていました。あそこでの出会いが私の新たな目標のきっかけになったのです。しかも、MIKOさんとは好きな山域が似ているようで、blogも楽しく見せていただいてま~~~す!!更新がめっちゃ遅いですが、先日、歩いた北戸蔦~伏美の縦走も後ほどアップしますんで、また遊びに来てください。
勝手にですがリンクしちゃいますね~~~



MIKOさん達を見送った後、私たちもここで大休憩をしていよいよ八の沢カールに向けて出発です。
f0203992_5282453.jpg

f0203992_530937.jpg


ところが・・・・・・・
Co1200mほど登ったあたりでルートを誤り違う沢へと入り込んでしまった!!しばらく気づかずに登るが、小さいながらも流れがあった沢は登るにつれ、すぐに水が切れてしまい、ルートが違うことに気づく。
f0203992_539051.jpg

結構、急斜面を登ってきたので、とりあえず沢を詰めていこうとCo1500m以上登ると沢型は消え藪となる。コンパスと地図を何度も見るが方向がつかめない。
しかも!!!私はポケットに入れていた地図を三股の手前あたりで落としてしまっていた。ホントあほ以外の何者でもないわ~~~加えて、ヘルメットも忘れ危険箇所はプリティーリーダーのT田さんが自分のヘルメットを貸してくれたし・・・・
役に立たない以上に迷惑も掛けてしまった(T0T)
ただ・・・・本格的な沢ではないのでメットなしでもOKなんで大丈夫でしたが、これが沢登りなら間違えなくお留守番だったよね。


そして、十分時間があり、今日中にカムエクのピークを踏めると思っていたが・・・・・藪の中時間だけが過ぎていく。枯れた風のこのハイマツが一番手ごわくて・・・・私に向かって牙を向いている感じだった~~~
このハイマツ帯に突進していった時には正直、もう今日中にカールには着かないかも???と思うほど前にすすまなかった。
f0203992_5433236.jpg

時間的に余裕があったのですが、リーダーのT田さんはビバークも視野に入れていたようでした。

ガスガスの藪の中で大きな岩を見つけ登って周囲を見渡した時に、ガスの切れ間に八の沢カールを見つけ、これでやっと現在地が特定できた。
f0203992_5525670.jpg

八の沢から大幅に右にそれていた様で、あとは八の沢カール目指してハイマツ帯や潅木帯の中をトラバースしていく。あまり高度を下げないように濃い藪の中を歩くのは至難の業でハイマツの中で何度も転げて思うように進まない。数メートル進むのに何十分もかかる有様でようやく八の沢カールに着いたのは16時20分。
4時間以上も藪の中を彷徨っていたのだ!!
藪の中・・・・小さな尾根を越えたのです。マジで頑張ったわ~~~この写真は下山時に撮影。
f0203992_555977.jpg

この尾根の向こうから藪漕ぎだもん。そりゃ~大変だ(笑)でも、だからこそ、八の沢カールに無事着いたときの喜びはでかかった!!!

16時20分 八の沢カール着
f0203992_603636.jpg

カールに着いた時にはガスに包まれていたがT田さんがわざわざ豆を挽いて入れてくれた極上の香りのコーヒーを楽しみながら過ごしているとみるみる雲は流れていきカール全容、ピラミット峰、カムエクが姿を現した!!!
f0203992_625513.jpg

f0203992_643528.jpg

まるで日高の山の神様が良く来たな~と出迎えてくれているようだった。ルート違いでの予想外の藪漕ぎにヘロヘロだったが、この瞬間、全ての労が報われた。
みんなで乾杯をした冷たいビールの味は最高でプシュ!!という音が、貸切のカールに響いた。
f0203992_664770.jpg


夕食はガスでコメを炊く方法をT田さんにレクチャーしてもらい、kumaちゃんの特性ハヤシライスを食べた。
f0203992_692269.jpg

八の沢カールの夜空には満天の星・・・・天の川とカムエクのシルエット☆なんて贅沢で素敵な夜だろう!!と感動しつつも明日への期待を胸に数秒で眠りに落ちた。






7月29日(金) 晴れ
2日目  ~THE DAY~

朝3時の目覚ましで起床。テントの外を見ると・・・朝焼けと月とカムエクのシルエット。まさにTHE DAYだ!!!
f0203992_616972.jpg

起きた瞬間から大騒ぎのメンバー。
f0203992_618639.jpg

この景色を見てテンションながらない人は・・・・・・いないはず。つーか、そんな人とは一緒に山には行かない!!(笑)

朝飯前のカムエクピークゲッツに出かける。ピンク色に染まる八の沢カール
f0203992_6204619.jpg

日が昇り始め刻々と変化する朝の八の沢カールの魅力に圧倒され何度も何度もシャッターを押す。
f0203992_622463.jpg


なかなか前に進めないわ~と稜線に上がると声を呑む光景が広がっていた。本当に雲ひとつ無い日高の山並みを前に出るのは歓喜の悲鳴と感動の涙だった。
f0203992_6273826.jpg

稜線からみたカール全容
f0203992_630369.jpg

「最高だね~」「ホント最高!!」「やばい~最高だわ~」こんな言葉が繰り返される。つーかこれ以外の言葉が見つからない。

カムエクピーク5:38 着
f0203992_6253099.jpg

f0203992_6323871.jpg

このフォトは・・・・手前の草にピントが合ったので~ボケた!!!(笑)

カムエクのピークからの風景・・・4連発
f0203992_6352569.jpg

f0203992_6371496.jpg

f0203992_6391627.jpg

f0203992_641516.jpg


まさに最高のカムエクピークだった。
f0203992_64347100.jpg

下山後は前日の残りをサクッと食べて幾分、軽くなったザックを担ぎ名残惜しい八の沢カールを後にした。
f0203992_21154688.jpg


下山時にどこでルートミスをしたのかを確認。カールから1時間ほどのところで枯れ沢型と小さな流れのある沢の二股で、ルートミスをしたことが判明。ちょうど同じくルートミスをしている人もいたので知らせました。
f0203992_2123339.jpg


そして、T田さんが持っていた赤いテープで不明朗な二股にマーキングをして下山。
f0203992_21255991.jpg

後日ネットで見ると多くの人がココでルートミスをしていることが分かった。
皆さんもココは十分に気をつけてくださいね~~~

下山の三股ではkumaちゃんは水浴び~~~~T田さんはお昼寝♪
f0203992_21524827.jpg

f0203992_21544513.jpg



12時05分 八の沢出合い着
昨日は一つも無かったのに・・・・さすが週末!!沢山のテントが並んでおり、九州からわざわざ来たパーティーのおじさんに「学生さんかい?」「二十歳くらいかい?」なんて声を掛けられ、疲れてヘロヘロだったけど、足に元気が戻りました(^0-)v


6時32分に無事下山完了。
f0203992_21572783.jpg

最後の林道・・・・・長いって!!!


そして・・・・
この日、帯労に「カムエク部」が誕生した。
毎年、カムエクのピークを踏もうゼイという会だ。
入会者大歓迎♪
来年はエサオマンからの縦走予定。来年もヨロシクネ~T田さん&kumaちゃん 
    

帰りに中札内の十勝野フロマージュで食べたジェラートは・・・・うまかった!!!
f0203992_2212253.jpg


7月28日(木)
車止め4:20 発
七の沢5:44 着
八の沢出合い7:40 着
三股9:42 着
八の沢カール16:20 着

7月29日(金)  ~THE DAY~
八の沢カール4:05 発
カムエクピーク5:38 着  6:15 発
八の沢カール6:55 着  8:30 発
三股10:00 着
八の沢出合い12:05 着
七の沢14:35 着
車止め16:32 着


帯労の皆様へ
茶房多種のカムエク報告記事と被りまくりであることをお許し下さいね~(^_-)/~~~
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2011-08-31 22:05 | 山歩き | Comments(24)
Commented by たかやなぎ at 2011-08-31 22:24 x
一番乗り~っ!
カムエクいいよね。
カムエク部は僕も参加できますか?
Commented by moco at 2011-08-31 22:47 x
私もThe dayの一部になりた~い\(^o^)/
…トヨニさんでコテンパンな目にあったので、ちょい休憩中なんだけど、山に行きたくなったよ~~!!
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-01 08:57
たかやなぎさんへ
おおぉぉーーーーーーーーー!!!
カムエクの名に釣られて来たんですね~~~
ホント日高好きですよね♪私も大好きですけど~
ホント、カムエクはいいですよね~~何度も何度もそういいますが!!
つーか。日高と言う山域全てが素晴らしい。この地に住んでいて良かったです。

カムエク部入部希望ですか!?たかやなぎさんなら大歓迎に決まってますよ~~
ちなみに・・・・
部長:T田さん
副部長:私
食当:kumaちゃんです。

じゃあ来年はエサオマンーカムエク縦走でカムエクピークにテン泊なんでヨロシクです!!!
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-01 09:01
mocoさんへ
まさにあの日の朝は神が降臨したかと思った!!!
あまりの感動で鳥肌物でしたよ~~~~
あの、日が昇る前の赤く染まる空!!
後ろを振り向けばカムエクのシルエット・・・・・・歩きながら見たご来光。
出来すぎでしょ!!!

今思い出しても胸が熱くなる。カムエクピークから見た山並みを全て・・・・・というか稜線を繋いでみたいと。mocoさんが知床に思いをはせる気持ちが分かったよ。

Commented by コンブ at 2011-09-01 09:39 x
すてき!!
なんか興奮する!!
藪こぎの苦労は大変だったけど、
それも含めて全部楽しそう!!
いつかご一緒させてください><
Commented by marbo at 2011-09-01 12:03 x
私も「カムエク部」入部しちゃおうかなぁ?

なんだかさぁ、今回のレポって今までのと違う感じが漂っているなぁ?
若葉ちゃんの進歩か? 労山効果か?

山ガール(?)ってよりも「山おんなが書いてます~!」 って感じですねぇ。時間とか標高とか織り込まれていて、感想じゃなくって記録っぽいじゃん!

という私は斜里以来、山には行ってまっせん。膝が治んないのよ!
参ったなぁ・・・!
Commented by yah-_-yah at 2011-09-01 12:11
カムエクの記事、待っていました!
ちょっと僕には敷居が高すぎる山ですけど、写真とレポートだけでも十分その素晴らしさを感じることができました。
もっとたくさんのパーティかと思っていたけど、意外に少ない3人きりだったんですね。
しかも女性CLとはたくましい!!
(若葉さんもたくましいけど!)
このデカいザック担いで川を渡ったり4時間も藪を彷徨ったりと、心折れそうになりそうな気がするけど、よく頑張りましたねー!
だからこそ感動も大きかったんだろうけど。

ところで富良野界隈・・・ってことはクワウンナイですか?
次々と難しいところを制覇してくんですね!
なんか勢いありすぎです!!
Commented by nak_nob at 2011-09-01 17:34
私にも敷居の高い山・・・
というか日高の山はどこもつらい印象しかない(^^;
いや、今はどこ登ってもつらいんだけど(肋骨がw)
同じ時期に山始めたとはとても思えないほど差が開いた感じ
早く雪降らないかな~(笑)
Commented by 球根 at 2011-09-02 12:25 x
どの写真をみても、雄大な風景ですね~。
感動がビシバシ伝わってきます(^^

そして、日高の山はあまり登山道が整備されてない様子、地図読みやルート選びや沢歩き術やなんかで、ほんとの実力が必要になる山なんですね。
こんなすごいとこに行ってしまうと、過保護な位に整備された北アルプスの山なんて、遊園地のアトラクションくらいに感じてしまうかも?

カムエク部、入部したいとこだけど、うーむ、まず沢登りできなきゃだめか…(汗)
Commented by MIKO at 2011-09-02 15:45 x
三ツ股の上部では、私達の昨年コースミスをしました。
しかし、そのままドンドン沢を詰めて行ってポールを1本ゲット!しました。
ここは、かなりの人がミスっているようです。

リンクの件は了解しました。
ドンドンリンクしてください。

今は、コイカクからペテガリまでの縦走を無事に終えて、痛んだ身体をリハビリ中です。

でも、頭の中では次の計画を思案しています。

また、日高のどこかで会いましょう。
Commented by にわとり君 at 2011-09-02 22:11 x
補欠で・・・・・
Commented by カナリーヌ at 2011-09-04 19:36 x
待ってたよん  カムエクリポート!初めてのカムエクカール!涙の隙間から仰いだピークを思い出します!
私の時は、カムエクピークで天張り、1823経由でコイカクでしたが
1823でブロッケンとモルゲンに大感激でした!
水が心細くて1823で迎えた朝、大切に飲み干した宝水の味・・・
コイカクで偶然出会ったSakagさんと山さんの笑顔
去年は9の沢からピークでビバークでしたが、9の沢もこじんまりしてお花がたくさん咲いててなんか癒される空間でしたよ!
山って・・・月並みだけどほんとに心に染みる風景、味、風、そして出会いがあるよね
若葉ちゃんのリポート読んでると、山でのひとつひとつの事その全てを大事に大事に心に刻んでいる素直な気持ちが伝わるね
あぁ私も頑張ってリハビリして来年はまた日高の源頭の沢水で、この汚れきった心を浄化しなきゃ!
あっつまんないこと長々すみませんでした!
また沢リポート楽しみに待ってるよ!来年はぜひ一緒に連れてってね!! 

Commented by sakag at 2011-09-06 12:24 x
ごぶさたしております。
久しぶりにお邪魔して、私の一名山であるカムエク報告をじっくり拝読しました。
ルート間違いによる薮漕ぎ・・・お疲れ様でした。他の方のルート間違いを読むたびに、初めて一人で日帰り登ったときに、よく間違わなかったものだと思います。
また行きたいと思いながら、なかなか行けないでおります。山は逃げないけど、歳が逃げそうな感じなので、来夏はぜひ行こうと思っています。来年はぜひエサオマンからの縦走、やって下さい。
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-06 23:58
コンブちゃんへ
そうなの・・・・全てが楽しくて、全てが感動で、心の全てと全身でカムエクを楽しんできた!!!
あの日、あの時、あの瞬間・・・・・あの場所に居られたことを心から感謝したよ。
カールでの夜は思ったほど怖くは無かった。きっと仲間が一緒だったからだね。


ホントに帯労に入会して良かった。と思いました!!
日高の主稜線を全て歩きつくし、沢山の沢を登り、藪と戦い夏も冬も楽しめるだけのスキルを身につけたいと強く思う。

いつか・・・・一緒に歩こうね♪
案内できるくらいに成長出来るように頑張るよ(笑)
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-07 00:13
marboさんへ
ええぇぇーーー!!!marboさんがカムエク部!?
沢歩きじゃないですよ~~~夏尾根縦走っすよ。なんか・・・・・イメージじゃない(笑)

でも、もし入部なら大歓迎!!
エサオマンーカムエクを縦走しましょうか~~~~
その前に、早く膝を治してくださいね!!

>なんだかさぁ、今回のレポって今までのと違う感じが漂っているなぁ?
流石marboさん。鋭い!!!実は帯労で毎月出してる機関紙の記録にカムエクの記録を書いたんだよね~だから記録先行のためそんな感じなんだわ~~~
記録は案外、真面目に書いてるのよ。だから帯労の人はblogを見て、同じ文を使ってるとすぐにわかってしまう・・・・・

まぁ写真を楽しんで貰えれば十分嬉しいよ。
ピオレにも送っているから・・・・今度、見てくださいよ(笑)

Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-07 00:27
yahさんへ
先日、書きかけの日高縦走の記事にコメントを頂きまして・・・・・ありがうございます。
ただ、あれは非公開にするのを忘れてしまったもので、作成はこれからなんです。忘れないように非公開でアップして記事を作成してます。
紛らわしくてスイマセン。

平日のほうが休みがとりやすい三人組なんですよ。
多くは週末で皆さん行動されますが、私は週末ばかり休みを取れないので、素敵な企画でした。
CLのT田さんは・・・・・日高の沢も夏尾根も歩きまくっている。すげー女子です。
私なんてヘタレだから、迷惑ばかりを掛けてしまってます。
日高を単独で縦走出来るくらいになりたいなぁ~~~

そうそう。富良野界隈とは・・・・三峰沢を遡行しました。
もともと水量が少ない沢のようで、あまり水量が多くは感じませんでした。
雨も降ったりやんだり。下山後は見事に晴れ!!!しかも虹も綺麗に出てました(笑)
流石に下りの沢で水浴びしようと言う気にはならなかったよ。
クワンナイも行きたい沢の一つですが・・・・来年ですね!!
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-07 00:30
nakさんへ
そんなに大変じゃなかった・・・・道を間違えなければ!!!
体力的には1839峰よりずっと楽。いずれにしても、河原歩きが必要だから日高の山のアプローチは・・・・・
でも、沢登りをしていれば、沢の核心前の準備運動程度の歩きです。だから大丈夫ですよ!!

道さへ間違わなければ~~~(笑)
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-07 00:38
球根ちゃんへ
遊びにおいでよ~~~大好きな日高を案内するよ。(知っているところだけだけど)
確かに日高は分岐点も看板なんて無いし、登山道でも藪漕ぎがあるし、水が取れないから水を相当量担ぐし、稜線に出るまでの登りはキツイし、景色は無いし・・・・・

でも、でも、その苦しみの果てには最高の景色が待っている!!!
幾重にも重なる日高の山並に心を奪われ声も出なくなる。
本格的な沢歩きではないから大丈夫よ。だから一緒に行こうよ。

待ってるね~~~連絡。
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-08 23:52
MIKOさんへ
コイカクーペテガリ縦走お疲れ様です。
携帯からチラッと見ました!!
すげーーーーーっす!!私も歩きたいなぁ~日高の主稜線を・・・・
そう感じるblogでした。
後日、ゆっくりと訪れますね~~~

MIKOさんも道を間違えたのですね。下調べが甘かった・・・・
でも、それあっての今回のカムエクでしたから~~~~

今シーズンはもう、長期縦走は出来ないなぁ。しかも、今シーズンは単独で山にも行ってない気がする。

秋には単独で1泊山行でもしようかな・・・・山でコレカラの自分。山との向き合い方。行きたい山のこと。仕事のこと。家族や友人などなど・・・・じっくり考えてこようかな???

あっ・・・柄じゃないよね!!(笑)
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-08 23:54
にわとり君へ
補欠ってなんすかっ!?(笑)
一緒に沢&冬山に行きましょうよ~~~~

帯労で待ってます!!
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-08 23:59
カナリーヌさんへ
カナリーヌさんは色んなカムエクの顔を知っているんだね!!
私とカムエクのお付き合いは始まったばかり・・・・
これから、色んなカムエクに毎年、毎年会いに行きます。

私にとって日高の山はちょっと・・・・いや、かなり背伸びをして登る山です。
きっと背伸びをしても届かない山もいっぱいあるだろうな~~~
そんな、日高だから好きなんだよ。
もっともっと日高を歩きたいですね~夏も冬も。

まぁ冬はこれから少しづつ準備ですが・・・・・白い日高を歩いてみたい。
なんて、欲が出てきた!!
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-09 00:08
sakagさんへ
お久しぶりです。こちらこそご無沙汰してます。そして、コメントを返すのが遅くてすいません。
相変わらずぐーたらです。

山を始めて4年目にして踏んだカムエクピーク。
何も分からない頃、カムエクという名すら知らなかったし、素敵な山だとも知らなかった。

環境は人を大きく成長させる!!そう感じる日々です。まぁそればかりではないでしょうけど・・・・
山岳会に入り数々の経験が自分自身の成長へと繋がっています。

もちろん、来年はエサオマンーカムエク縦走を達成したいです。
カムエクピークで会いましょうか!?(笑)

来シーズンが楽しみです♪
Commented by すーさん at 2011-09-13 20:56 x
素晴らしい!!!!

カムエク!!!

美しくて本当に息をのみました。

登りたい。。。。。
こんなに登りたいって思う山があるんですね。

日高の山って素晴らしい。

そして若葉さんのたくましさ、マジ半端ないです!
かっこいい!
Commented by wakaba_a1012sora at 2011-09-14 09:44
すーさんへ
ホントに素敵だよカムエク!!!
日帰りで気軽に行けないから、なお良いのですよ。
日高の主稜線を繋ぎたい・・・・と心に誓ってきました。

日高は奥深く、雄大で、気高く、厳しい。甘えを許されない・・・・・・
だから惚れたんです♪

毎日の生活の中で日高の山並みを見ながら過ごして私たちにとって日高に心惹かれるのは当然のことですね~~~

登りましょ!!日高を。歩きましょ!!藪を漕いで(笑)

<< 広瀬ウォールデビュー♪ 日高は大雨です >>