羅臼岳 ~プチ山旅道東編~

9月29日(水) 超快晴!!!


雄阿寒岳を登った後は大好きな森と湖を同時に楽しめるオンネトー野営場にキャンプ。
大好きな焚火をしながらトマト鍋♪

パチパチと燃える炎を見ていると心が和むよね。
大好きです焚火!!!

実は・・・前から欲しかったスノーピークの焚火台を買っちゃたんだよね~~~~(^_-)-☆
今回はキャンプ場にある炉を使用したのですが今シーズン中に思いっきり焚火三昧のデイキャンプでもしたいなぁ~と考えています。
もちろん、焚火の相棒は小若だよ~~~火遊びが大好きだし薪拾いを積極的にしてくれるので大助かりです。でも、なかなか休みが合わないので実現できるかは微妙だなぁ^_^;


山旅3連休の2日目は雨から始まった。
もちろん山は登りませんでした。晴れていたら今シーズン2度も振られている藻琴山を歩きたかったんだけどね~まぁ雨女ですから雨に降られるのは覚悟の上ですよ(笑)


そんな雨女の私が山旅最終日に最高の天気に恵まれたのは・・・・
羅臼岳を一緒に登った晴れ男のデビッドのお陰ですかね~~~
デビッドとは7月に富良野岳で出会い、雨降りの白雲山を一緒に登った山友。
自由人のデビッドは1カ月ほどイギリスに里帰りしたあと再び北海道を旅行中。
屈斜路湖の砂湯で合流して一緒に羅臼岳に向かいました。


知床方面に行くのは・・・・10数年ぶり!!!
懐かしさと、ずい分ご立派になったウトロの変貌ぶりにテンション上がりまくり~~~~\(^o^)/
デビッドの車で移動だったから存分に景色を楽しめました♪
運転は嫌いじゃないけど・・・よそ見は出来ないから(脱輪するし)たまに人の運転もいいよね(^_-)-☆


大好きな斜里岳の麓を走り抜ける。刻々と変化する斜里岳の山容はどの角度も魅力的♪
でも、一番のお気に入りは藻琴山方面から見える斜里岳です。

f0203992_0403914.jpg
2009年10月19日 ハイランド小清水725の駐車場より朝陽の中の斜里岳


あまりに魅力的な斜里岳の雄姿に・・・・羅臼岳じゃなくてもいいなぁ~なんてちょっと思った^_^;

f0203992_11106.jpg
こんな斜里岳を見たら・・・

惚れてまうやろ~~~~~~♪


天気が良いとドライブだけでも楽しいものです。





今回の旅の目的を思い出す。未踏の山を登る!!!


目指すは世界遺産となった日本最後の秘境知床の羅臼岳だ。





f0203992_1202331.jpg


知床連山が・・・・私を呼んでいる。



登山口に到着したのは8時40分頃。
準備をする私・・・・


あ~~~~忘れた!!!!


何を?!


地図&ヘッドライト&高度計付きの時計・・・・・(T_T)


車に積みっ放しだよ。
実は、marboさんと行った武利岳でも地図を忘れたんだよね。marboさんに貰ったけど・・・・


マジで落ち込む。でも・・・スグに忘れるんだよね~落ち込んでることも(笑)
そんな私はどうですか???あなたは許せますか???


許せる人じゃないと一緒には山歩きは出来ないよね・・・・ホント凹む。(でも、凹んでることも忘れる・・・アホだ)


そんな私とは違い、デビッドは素敵なアイテムを持っている!!
それは・・・・GPSだよ~しかもガーミンの最新機種♪
頼りになるね~~~


なんて喜んで9時に出発しようと思ったら・・・・・・


GPSが使えない!!!ロックが掛っていてインストールした地図を表示できないの。
早速、デビッドはPCに接続して使用できるように頑張ったけど、時間ばかりが過ぎていき・・・・
結局、ロックは解除できず素敵アイテムGPSは単なるお飾りとなってしまった。^_^;


まぁ~良い。百名山だし登山道はしっかりしていて迷うこともないだろう・・・・と自分に言い聞かせて9時50分に出発。
f0203992_1451625.jpg


ちょうど登山道の整備をされている集団とあまり変わらない時間から登り始める。ピークまで行く私達は少し・・・いや結構ノンビリスタートで出発したので、若干・・・いや。
かなりのハイスピードで黙々登る。20分程先に出発した登山道整備の皆さんに追いつき、追い越す。



雄阿寒岳と全く違う森の中を歩く。途中、登山道にロープが・・・・



と、思ったら蛇だし!!!
f0203992_1443999.jpg
昔は蛇を平気で触れたのに・・・今は無理!!!
大人になると出来ることが増える一方で、小さい時には出来ていた事が出来なくなる事っていっぱいあるよネ~~~(^o^)



まだ紅葉には早すぎのようです。ウソの様にギラギラと照りつける太陽の日差しを木々が和らげてくれる。木漏れ日の登山道はとても心地いい。時々遠くに知床五湖が見える。
この日の私の体調は・・・まずまず。重さも感じない!!順調♪順調♪と思っていたけど・・・後半バテた^_^;

f0203992_341085.jpg

デビッドは早くもなく、遅くもない・・・つまり丁度いいペースで歩く。
山オンリーな私とは違い、彼にとって山は沢山ある趣味の一つ。
彼の趣味は・・・バイクだったり、チャリだったり、マラソンだったり、テレマークもするらしい・・・以前北海道に住んでいた時にはラフティングのガイドもしていたそう。本人曰くインチキだったみたいだけど(笑)
なんと、サロマ湖100kmマラソンにも出場したことがあると話していたよ。(凄っ)



羅臼平まで来ると強風が・・・・
でも国後島が一望できる絶景が広がっている。ココにはフードBOXなるものがある。誰かのblogで見たことがるけど・・・実際に見るとリアルに熊の存在を感じてしまう。

f0203992_441520.jpg


ココで単独の男性とスライド。
「あと1時間かかるね~~~山頂は風が強すぎで3分も居られないよ~」と言われた。


えええぇぇぇ~~~~まだ1時間掛かるの???
と思いながら最後の岩場を歩くが、実際にはそんなに掛からなかったよ。(*^^)v
f0203992_4113425.jpg



26日に羅臼岳に初雪。その時の雪が残ってました!!
f0203992_4121889.jpg



この山の山開きは7月上旬。11月上旬には雪で夏山装備ではもう登れないだろうな~~~つまり夏山登山が出来るのはたった4カ月くらいしかないんだね!!!
そんな事を考えながら最後のひと踏ん張り・・・・


13時18分に強風の羅臼岳ピーク着。
f0203992_417156.jpg

まともに立っていられない程の風・・・・・体が持ってかれそうになる!!
なんとか写真のために立ちあがったけど、デビッドには危ないと怒られた(>_<)


そして・・・・
急に怪しい雲が流れてきて青空は姿を消した。

f0203992_423688.jpg


羅臼岳から知床岬へ続く知床連山の全容がココから見渡すことが出来る。
硫黄山までの縦走路を眺めながら・・・・・来年、絶対来る!!!と心に誓う。



強風のピークで休憩は出来ない。雄阿寒岳の風なんてそよ風だった・・・と思えるほどの風!!
でも、ピークから降りると岩陰で風を避けて休憩ができる。
防寒着を着こみランチタイム。するとドイツ人の男性が登ってくる。
私達より出発の遅い人・・・・居たんだ!!
カチョイイカメラを持って近づいてきた彼はもみ上げが長くとても印象的な人。しかもジーンズだし!!!

まぁ大丈夫なんだろう。以外にドイツ人って北海道の山にいるよね~~~
昨年、黒岳でも会ったし、大雪縦走中も一緒だったし・・・・ドイツ人は山登りが好きなのかしらね~~~

デビッドはドイツ人の男性と爆裂英語トーク!!
わけ分からんよ~~~(ーー;)

デビッドは日本語が凄く上手であんまり英語圏の人と言う意識で接してない私。でも、こういう時、あ~~~デビッドはイギリス人で英語圏の人だったと実感する。
英語教師のデビッドは私以上にちゃんとした日本語を知っている^_^;

時々変な言葉を指摘される。それと・・・「ここがヘンだよ日本人」のテレビ番組を思い出す、日本の変なところトークを熱く語る。
たぶん、私のblogの文章も彼にとっては理解不能なんだろうね!!



13時50分 下山開始。
ウトロ側から雲が流れてきて・・・・

あっと言う間に視界を奪う。

f0203992_4484252.jpg

f0203992_449219.jpg

f0203992_4491820.jpg


これって・・・MYORさんの得意のパターンだよね?!もちろん今回、MYORさんは一緒じゃないよ~~~~~(笑)
ガス=MYORさんと思っているでしょ?!


「うん」思ってる。^_^;



そして・・・・
事件は起きた!!!!


羅臼平へ向かい岩場を下山中、デビッドが右足を捻った!!
苦痛の表情・・・・相当痛そう。
痛みでしばらく動けない。歩けるのか心配になる。

なんとか歩き始めたけど・・・・どう見ても痛いんだろう事が分かる。
でも、だからって私がデビッドをおぶって下山するのは無理だし。頑張って歩いてもらわなきゃならない!!
歩きだすと以外に歩けてる・・・でもフッとした瞬間に激痛が走るらしい。

私「ザック持とうか・・・」

デビッド「大丈夫だよ~ゆっくり歩けば平気だから・・・」

デビットの歩きに合わせて後ろを付いていく。
痛み止めの内服を勧めるけど・・・痛みの程度が分からなくなるからと飲まずに頑張る。
登山靴を脱ぐのが大変だから・・・とテーピングもせず歩き続ける。


下山中の捻挫・・・・私も7月に行った初めての沢で下山中に捻挫をしてる。その痛みは今も消えない。辛さはわかるけど、歩くしかないんだよね~自分の力で。
歩けるだけ良かった。もし、骨折なら行動不能で救助要請が必要になる。

頑張れデビッド!!!

応援しか出来なくてゴメン。


途中、ドイツ人が私達を抜いていく。



懸命に痛みに耐えながら歩くデビッドのその先は・・・・日は傾き始め夕日がきれいだ!!
f0203992_518296.jpg

こんな時に、夕日を楽しむ私。くよくよしても仕方が無いでしょ~最後まで楽しく歩こう♪
そのほうがデビッドも頑張れるしネ(^_-)-☆


振り向くと・・・・足の長い私。
f0203992_5221221.jpg



木々の隙間からオホーツクの海に、今にも沈みそうな真っ赤な太陽。
f0203992_5231293.jpg

時間はすでに17時を回っている。


こんな時間になる下山は初めての経験。
周囲が闇に少しづつ少しづつ包まれ始める・・・・・


そして、後悔!!!

なんの後悔かというと・・・・ヘッドライトを車に忘れた事さ(T_T)
陽の光が届くなった森の中は怖い。暗くなると急に周囲に獣の気配・・・

登山道に何頭もの鹿が群れをなしている。暗闇の森は彼らの時間だ。
道路際で見る鹿は可愛く見えるけど・・・・間近でしかも薄暗い森の中だと恐怖心を感じる。
鹿だけならいいけど・・・・と不安がピークになった頃ようやく登山口に到着です。


登山口到着時間17時30分
もちろん、登山口はすでに真っ暗!!!
陽が短いこの時期、やはりヘッドライトは忘れちゃいけない必需品だ~~~と実感したよ。

f0203992_5252450.jpg

岩尾別温泉の灯りが安心感を与えてくれる。



思いっきり捻挫してたんだけど・・・体を暖めたくて岩尾別温泉へ
日帰り入浴時間ギリギリだったけど温泉に入れました♪

ココの岩尾別温泉と言うと露天風呂が良いという噂!!ただ・・・混浴のなのよ^_^;
でも丁度、夕食の時間帯となるので人は少ない・・・

これってチャンスでしょ!!
デビッドも足が痛くて露天風呂どころじゃ無いしね~~~~~(^_-)-☆
思った通り・・・・露天風呂には誰も居ませんでした!!

デビッドには悪いけど、フルで楽しんじゃった♪


お風呂を上がると・・・・右足を上げているデビットが待っていた。
見ると驚くほどに右足首が腫れている!!!

まるで右のくるぶしにゴルフボールをくっ付けたみたい・・・・という表現がピッタリ!!!
これは・・・・痛いゎ(ToT)
よく、歩いたよ~~~~マジで。


無事に下山して温かい温泉に入れたのも、痛みに耐え頑張って歩いたデビッドのお陰だよ。


ありがとーデビッド!!!早く足を直してネ。そして・・・・またドコカノ山を一緒に歩きましょ♪


登り 3時間28分  下り 3時間40分
下りの方が・・・時間かかってるね。



皆さんも・・・下山時には十分に気をつけてくださいね(^_-)-☆
あと・・・忘れ物には注意だよ!!


って一番注意しないといけないのは・・・・私だよ。
まぁ色んな意味で、楽しいプチ山旅道東編でした。
新たな目標・・・というか歩きたいコースも出来たし。来シーズンが楽しみです。


※MYORさん。なんとか朝までにアップ出来たよ~途中、記憶が飛んだけど。プレッシャーと言う応援をありがとー私・・・追い込まれると頑張れるタイプです(*^^)v
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2010-10-12 06:00 | 山歩き
<< サンキュー♪ 雄阿寒岳 ~プチ山旅道東編~ >>