武利岳中ノ沢

9月18日(土) 曇り

9月19日にmarbo塾第2回目の沢登りのために夜勤明けで不眠のまま最後の準備を終えて自宅を出発する。向かった先は温根湯温泉つつじ公園キャンプ場。marboさんとmononofuさん達は丸瀬布川 十三の滝を歩き温泉に入った後に合流予定!!

寝不足の時は決まってタウリン2000mgを一気飲みして結構頑張れる。久々の沢にワクワクしながら合流場所に向かったが・・・1時間ほど走って忘れ物をしたのに気づく。
それはタープだ!!!夕食は塩ホルモンにビールだもの・・・雨に当たらないようにタープを持って行こうと思って準備したのに・・・・まんまんと忘れた(-_-;)

あ~~~でた!!アホっぷりが!!!

取りに戻ろうか?!とも考えたけど2時間のタイムロスはキツイ・・・しゃ~ない何とかなるさっ!!と根拠のない前向きな発想でキャンプ場に向かう。
キャンプ場に着くと・・・あら~良いものあるじゃん!!!
手作り感タップリのなんちゃってタープ!!!
これ・・・・誰の?!と見ていると、しばらくこのキャンプ場に滞在していると言うオジサンが、なんちゃってタープを作った近所のおじさんを紹介してくれた。そして手作りのブルーシートなんちゃってタープを貸してもらうことに成功!!!やったね~~~しかも、蚊の多いキャンプ場でタープおじさんから蚊取り線香も頂いた~~~ラッキー(*^^)v

f0203992_20372027.jpg


まだ来ないmarboさん達を待ちながら準備をする。
このキャンプ場は・・・なんと無料!!!だから・・・
キレイな芝サイトの広がる温泉街近くのこのキャンプ場はナカナカの人気です。
トイレはボットンだけどキレイだしパークゴルフのコースもあってじいちゃん&ばあちゃん達も一杯いたよ(^_-)-☆

炭をおこしてぬくぬくしていると・・・marboさん&mononofuさん達が登場!!
早速、テントを設営します。
f0203992_2046115.jpg

このテント・・・・年代物らしいですが凄いデカイし高さがあるの~私が立っても頭が天井に着かないの!!
こんなファミリーテントに寝るのは久々だよ~~~いつもは山テントだし。こんなことがテンション上げるんだよね~~~(^_-)-☆

f0203992_20461878.jpg
洗濯・洗濯・・・って。沢帰りのmarboさん達は濡れたものを干します。雨でしたが・・・・^_^;


私が買い出しに行っている間・・・marboさん達はロープワークの講習会!!
沢を歩いてきて疲れてないのかなぁ?!訳の分からない専門用が語が飛び交ってました。
f0203992_20544171.jpg

真剣に講義を受けているmononofuさんは足を蚊にムチャクチャ攻撃されてた・・・・血まで出てましたけど・・・・^_^;


そしてキャンプ場で宴会だーーーーっ!!
今回は塩ホルモン&豚ジン(豚のジンギスカン)inうどんで乾杯だゼィ\(^o^)/
f0203992_2135450.jpg

ビールうまっ!!!!

そしてこの宴会は20日に誕生日だと言うmarboさんの誕生日前々夜祭で早めのお誕生日会だーーーっ!!!
marboさん 誕生日おめでと~~~!!!


f0203992_2181811.jpg

私からは帯広のケーキ屋さん「あさひや」のフルーツロールケーキをプレゼント❤
ローソクの本数は年齢には関係はありません。。。

f0203992_2110071.jpg

mononofuさんからは山食セット!!素敵~~~コレは貰って嬉しいよね♪


夜勤明けの寝不足状態でビールを飲みまくり・・・久々酔っぱらった!!!
あ~~~楽しい酒だわ~~~美味いのもを食べながら、美味い酒に、山の話・・・これ以上の贅沢はないよね!!!
次の日もあるので22時にはテントに入り寝袋にもぐり込み・・・・一瞬で記憶を失った^_^;

朝起きると、外は曇り空・・・雨じゃないだけましだよね。
テントを撤収してmuraさん&sugiさんとの待ち合わせ場所に向かいました。

今回で2度目の沢・・・前回は皆に付いて行けない程に体力の無さを痛感した。
約1か月半の間に、時間があればRunしていたのと、縦走装備で山歩きをしまくっていたので少しは歩けるようになっているのか・・・今日はいったいどんな難関が待っているのだろう?!

不安とワクワク感が混在した不思議な感覚。入渓地点まで続くこの感覚がとても心地良かった。





9月19日(日) 曇り時々雨・・・・一瞬青空

武利岳(1876m)の中ノ沢を登るが、武利岳ピークを踏んだ後、夏道を下山するため全員で武利岳登山口に向かい2台の車に乗り込み中ノ沢へ向かう。久々の沢装備に手間どいながらも準備をして7時に入渓。
f0203992_21512651.jpg

空はどんよりとした曇り空だけど・・・沢を歩くのにさほど天気は関係ない。だって目の前に現れる岩場や滝を攀じ登って行くんだもん。まぁそんな負け惜しみを呟きながら歩きだす。


ジャーーーーン!!
f0203992_2157026.jpg

この手袋は・・・・初めて沢を歩いた私の手袋がボロボロの穴開きだらけになったのを見てmocoさんがくれた手袋です。今回はご一緒出来ませんでしたが、mocoさんから貰った手袋を履いて頑張るぞ~~~mocoさんありがとーーーー\(^o^)/
この手袋・・・凄い使いやすかった~滑らないし手があんまり冷たくならないし。おススメです♪


この沢は流木・倒木などが非常に多く・・・・汚い沢の部類なのでしょうか?!
f0203992_228297.jpg

でも、私にはどんな沢も新鮮で岩登り滝登り木登りもできるのね~~~なんて超ご機嫌♪
すごい楽しい!!!


幾つかの小さな滝を過ぎて・・・・大きな倒木がもたれ掛かる滝が現れ、この左側を登ります。
岩はヌルヌルとぬめりロープで確保してもらい、ヌメヌメワールドを満喫♪
f0203992_2293866.jpg
f0203992_22132767.jpg

「めかぶの沢だ~~~~!!」「滑るぅ~~~~~!!」なんて叫ぶながら滑る岩を攀じ登る。


ココは沢?!SAWAなの~~?!というほどにデカイ大木を乗り越えながら黙々と進む。
f0203992_22163543.jpg

この木の上が・・・滑るんだ!!ズルッて皮が剥けるしね(笑)
こんな所を歩けるのも楽しい私♪

滝の写真を撮ることがあっても花の写真を撮ることは殆どない。
f0203992_22185896.jpg

休憩中、しょっぱい&甘いのを同時に食べると美味しいんだよ~~~と笑顔で話すsugiさんのおやつを頂き、しょっぱ甘いを体験!!
コレ・・・・想像以上に美味いっす。sugiさんご馳走様でした(*^^)v
皆さんもお試し下され~~sugiさんのおススメは・・・・小魚とレーズンのコラボ!!
レーズンが苦手ならかりんとうでも良いよ♪


休憩後はいよいよ核心部の三段の滝・・・・mononofuさんmuraさんの後ろをついていけず左岸の草が生えている辺りを登る。
f0203992_2226387.jpg

前回はビビりながらで積極的になれなかったけど、今日は皆さんのスピードにも何とか付いて行けてる・・・手を掛ける場所や足場を探しながら登るのが楽しい♪
私の後ろにはmuraさんとmononofuさんが登ってくる。

そして・・・・滝の落ち口付近に近づくと今まで手を掛けるところがあったのに、大きな一枚岩の様になっている。右手は岩の窪みになんとか捕まり左手を伸ばし小さな窪みに手を掛けた時・・・
つるりんこ!!!滑ったーーーーーっ!!!


伸ばした左手に小さなポコっとした岩がヒット!!

心臓が一瞬止まった!!!
そして、落ちなかったことにホッ。
私の下にいたmuraさんは私が落ちたと思い手を伸ばしたそうです。

「動くな~~~!!」という声が飛ぶ。
滝の右岸を登るmarboさんとsugiさんの姿が見える。
膝がガクガクと今になって震えだす・・・・動くなと言われると変に全身に力が入り、力尽きて落ちるんじゃないか?!と不安になる。
でも、私の下にいるmuraさんが「大丈夫だから!!動くなよ!!今、ロープ出してくれるからな!!」と声を掛け続けてくれる。振り返るとニッコリと笑顔(^v^)
とても、とても心強かったです。muraさんありがとーです!!
そして、marboさんsugiさん急がせてしまってゴメンナサイ。超ハイスピードで登って行くお二人を一瞬見た記憶はありますが・・・・その後はしがみ付いてるのに必死でした。^_^;

本当にご迷惑をお掛けしました。でも、marboさんにも言われたように沢は危険な物です。ちょっとお立った自分が悪い(-_-;)
反省です。滝の落ち口があんなに登りずらいことも初めて知りました。ソコを十分見て登れるか確認しないと行けなかったんですよね・・・・
目の前の岩ばかり見てたよ。先を見る力が大事なんだ!!と学びました。


救世主に見えたお二人・・・・
f0203992_230249.jpg

いや・・・実際に救世主でした。引き上げられた時には本当に嬉しかったです。


mononofuさんは長い時間動かずにいたのと、ツルツルワールドの餌食となり足が攣り・・・なかなか上がれずにいた。
そしてsugiさんの気合の雄たけび「ファイトーーーーーっ!!!!」
f0203992_234552.jpg


「イッパーーーーーーーーツ!!!!!」
f0203992_2354430.jpg

と叫びながら攀じ登る。


相変わらずガスガスの中いよいよ・・・藪こぎだよ!!!
f0203992_23184366.jpg


前回は笹藪にヘロヘロピ~~~~~となった私。
今回は・・・ハイマツにボコられました(-_-;)
先頭を行くmononofuさん。ハイマツの枝がコッチに向かって生えてんじゃん!!ってところを掻き分けて進む。「この枝抑えて~~~」の声に2番目を歩いていた私がハイマツを抑え込む。
藪こぎはチームプレーだ!!!
すげぇ~~~~~~!!凄すぎる沢!!!
今回もすげぇ~~~を連発!!


やっぱ沢は凄すぎるよ。marboさん!!!

f0203992_23342537.jpg

終わりが無い様に思えた藪こぎも終わり、夏道に合流し12時13分武利岳ピークに立つ。
青空が一瞬顔を覗かせる・・・風の吹く稜線は解放感があり沢の景色とは一変する。

夏道で登りたいと思っていた武利岳に沢から登るんなんて・・・・山を登り始めた2008年の夏には思ってもいなかった。
というか・・・今シーズン沢を始めるなんて考えもしなかった!!!
なのに、2度も沢を歩いて感じたことは・・・・沢は楽しいワクワクワールドだと言うことです。そして、技術と経験が必要だということも実感しました。


2度、歩いただけのsawaの世界に完全に魅了されました。

もっと色んな沢を歩いて見たい・・・来シーズンは沢だな。
もちろん、夏山登山もするよ~~縦走もね!!山を色んな風に楽しめたら素敵でしょ(^_-)-☆


では・・・お約束のダイジェスト!!!沢を歩いた気分で楽しんで下さい。

[PR]
by wakaba_a1012sora | 2010-09-24 23:48 | 沢歩き
<< 東へ… 武利岳ピークとったど―!!! >>