第15回北海道雪崩講習会 in 南富良野

1月30~31日  曇り&晴れ


第15回 北海道雪崩講習会 かなやま湖校実習講習会

2009年11月15日 第15回北海道雪崩講習会 総合理論講座に参加し始めはルスツ校に参加予定でしたが、かなやま湖校開催に伴いルスツ校からコチラにチェンジ!!
だって雪道が怖かったんだもん。超ビビリですから(^^;


会場はかなやま湖の畔にある金山湖スポーツ研修センターで実習は南富良野スキー場を使用させて頂きました。

定員15名(最少開催人数10名)でしたが参加者は20名。(内2名2日目から参加)

A・B・C・D の4グループに別れて実習を行いました。


*全体の日程*

<1月30日>

 9:30  開講式
10:30  講座Ⅰ 雪崩予防と行動判断(講師 高澤晃さん)
       各パーティ毎に実習のミーティング&装備の確認
12:00  実習先への移動
   45  実習Ⅰ~Ⅲ
16:30  下山
17:00  夕食・入浴時間
18:00  パーティ毎に実習反省・振り返り
19:30  講座Ⅱ 雪崩発生のメカニズム(講師 松浦孝之さん)
21:00~ 交流会
       

<1月31日>

 5:00  起床
 6:00  朝食
 7:00  講座Ⅲ 安全対策とセルフレスキュー(講師 増子麗子さん)
 8:30  実習先への移動
 9:00  実習Ⅳ~Ⅵ
14:30  下山・移動・パーティ毎の反省会
15:30  閉校式
16:00  解散


初心者若葉マークが以上の日程で雪崩講習会に参加してきました。
参加者の多くは山の会のお仲間と参加。という形が多かったようです。皆さんバックカントリーでスキーやスノボを楽しんでいて、中にはツアースキーーガイドさんも参加していました。

数人単独での参加者もいたようですが・・・皆さんに付いて行けるのか心配&不安が一杯。

夏山は初心者でBCの経験のない超初心者の私。
雪山の三種の神器(ビーコン・プローブ・シャベル)も今回始めて使用。
最初から最後まで何も知らない素人が一人紛れ込んでいる?!という感じでした(^^;


誰も知らない人ばかり・・・

若干心細かったのですがなんと知っている人発見!!
帯労山の会の例会として大人数で参加されていた中に、こまくさ会にも所属しているFuさんがいました。
お会いしてそんなに話をした事は無かったのですがFuさんの存在は嬉しく・心強かったです。
それに、Fuさんのお仲間の皆さんも山のスペシャリスト&面白い人ばかりでパーティの半分は帯労山の皆様だったので大変お世話になりました♪



この講習を受講し基本クラス修了認定基準に達した場合、修了証が貰えます。


基本クラス修了認定基準
  1,雪崩の危険を積雪、地形、天候から見ることができる。
  2,シャベルコンプレッションテストが正しくできる。          
  3,積雪の大分類(新雪・しまり雪・しもざらめ・ざらめ雪)がわかる。
  4,ビーコンを使って、深さ80・に埋めたビーコンを40m位の距離から5分以内に探すことができる。
  5,セルフレスキューの仕方が理解できる。


注)参加すれば全員が修了証を貰えるのではありません。

そして私は修了証を手にしたのでしょうか・・・・・・


(開講式の様子)
f0203992_8575587.jpg



















<1日目>

講座Ⅰを終え実習会場となる南富良野スキー場へ向かいます。
天気は曇り・・・時々晴れ間もありました。

f0203992_923549.jpg













このスキー場はテレマークのレッスンを受けた場所・・・・再訪が雪崩講習会だなんて不思議な縁だゎ。
皆さんスキー&スノボを持参している人がほとんど。
私は一応持参したスノーシュー・・・あ~スノボ持ってくれば良かった(T_T)




第2リフトで上まで~テレの練習ではココまで来れなかったからかなり嬉しい♪
Dグループの講師は芽室にお住まいのKuさん。

講師のKuさんの指示に従いビーコンチェックして地形・積雪の話などを聞きながら実習場所に移動し講師Kuさんの説明を聞いてアクティブテスト・シャベルコンプレッション・円柱テスト・スキージャンプテスト・積雪断面観察の方法や手順・雪崩危険度判定の仕方などを経験談も交えながら行っていく。


シャベルコンプレッション&円柱テストをそれぞれ行っている
f0203992_9422888.jpg

















私の円柱テスト跡・・・楕円?!
f0203992_9443982.jpg

















シャベルコンプレッションテストは幅30cm、奥行き30cm、高さ1mの雪柱を掘り出すことから始まるが・・・上はの方は30×30の大きさでも下に行くほど太くなっていたような???
しかも私だけ楕円柱テストになってたし ハハハ・・・と笑ってごまかしたけど大雑把な私はかなり早く終わった。
弱層テストの評価はみんなとだいたい同じになったので一安心。
でもこのテスト性格によりスピードに大きな差があることもわかった。
私はもう少し・・・いやかなり几帳面になった方がちょうど良いかも(^^;




スキージャンプテスト
幅2m、奥行き1.5m、高さ1mの両端に50cmの溝を掘り山側をワイヤーで切断

スキーを履いた人がこの雪の上に乗る。屈伸をする。ジャンプをする。
f0203992_9575038.jpgf0203992_9581422.jpgf0203992_9584135.jpg












時間と労力は必要だけど積雪に深部の観察が可能で、実態に合った結果が得られると本には出ている。こんな大掛かりなテストまで見られるなんて~~~
実践雪崩学の本のまんまだ~~~と感動しながら写真を撮りました。



積雪断面の観察
f0203992_1072963.jpg

















青い液体は・・・トイレで見かけるブルーレット。周囲はWC の香りに包まれる・・・(笑)



そしてビーコン捜索の練習を数回行い1日目の実習終了。
皆さんはスキーやスノボで一気に麓へ・・・
私はツボ足でテクテク麓へ・・・

薄暗くなっていくスキー場。ナイターの灯りを見て緊張の連続?だった1日目の実習を終えたことにホッ!とした安堵感が心地良かった。
f0203992_10114451.jpg

















しかしホッとしたのもつかの間・・・・
かなやま湖研修センターに移動後は夕食・入浴を各自済ませマッタリする間もなく講座Ⅱが始まり流石にお疲れの方もいましたね~瞑想にふけっている姿がチラ・ホラと・・・・

そして私も。緊張であまり眠れなかったこともあり数回記憶が飛んだ。


でも交流会では元気になっちゃうんだよね~~~
f0203992_10231793.jpg














<2日目>

7時から講座Ⅲ 安全対策とセルフレスキューの講義学び南富良野スキー場へ移動

早朝うす曇りで天気が心配でしたが見事な青空が~~~
南富良野スキー場で準備・集合していると・・・

f0203992_10565348.jpg























山水のオーナーGoさんがーーーーっ!!応援に?!いや滑りに来てた。
Goさんには1月26日にもメムロスキー場でテレマークを教えてもらったばかり・・・本当にお世話になっています。授業料に山水を宣伝しないと~~~(^0^)/
皆さん登山・スキー・カヌーのお店山水をよろしくね♪


2日目は雪庇の観察。そして楽しみにしていた?!埋没体験!!

横穴を掘り、そこにヘルメットを被った人が頭を入れ雪を被せていきます。
f0203992_10394080.jpgf0203992_10361685.jpgf0203992_1040426.jpg












フル装備でスキーを履いたまま埋没というパターンもやってみる。
f0203992_10423373.jpgf0203992_10432211.jpgf0203992_10434196.jpg












そして埋まって行く中の様子は・・・・
f0203992_10445148.jpgf0203992_1045761.jpgf0203992_10452639.jpg












フル装備でスキーを付けて埋まった場合。スキーは全て雪に埋まっていないのに動かせなくなった・・・
始めは楽しんでいたのですが流石にコレを見ると雪崩って怖い!!!雪に埋まるって怖い事なんだ!!!と雪崩に対する恐怖心を身近に感じた。
実際に雪崩に巻き込まれたら・・・マットだって敷いてないし顔の周りに空間だってない。
そんなこと考えていると本当に怖くなった。これって大事な体験ですね。


注)この訓練は経験豊富な講師の指示のもと安全に十分配慮して行っています。十分な知識・経験のない人同士では決して行わないでください。


プローブ捜索・スカッフ&コールの訓練後は色々なバリエーションでのビーコン訓練。
f0203992_11164334.jpgf0203992_1117414.jpg

















最後はセルフレスキュー合同訓練
ビーコン装着の埋没者を捜索。二次雪崩も想定し埋没者は半埋没と完全埋没の二人を捜索・搬出するまでを一連の流れで時間を計りながら行いました。
私達はC グループと合同でお互いのセルフレスキューを見学し意見を述べあい、お互いに学びを共有し全ての実習を終えました。


かなやま湖スポーツ研修センターに戻り全体の振り返り&反省会をして
閉校式では修了証が一人一人に手渡されます。

f0203992_1129233.jpg













初心者で何もわからなかった私ですがグループメンバーの皆さんに支えられなんとか・・・
頂きました!!!修了証P(^-^)q

f0203992_11312991.jpg













久々のblogアップで長々文となりましたが・・・
何故かと言うと必要だと感じたからです。「雪崩講習会」を受講するということが!!!

私は雪崩の起きる雪山には行かないから~~~じゃないんです。
雪山ではどこで何が起こるかわからない。最低限の知識と装備を準備すのがマナーなんだと初心者の私が言うのも変でしょうけど・・・必要なんだと思いました。

だから山を雪山を愛する人に安全に楽しんで貰えたらと思い初心者目線でご紹介させて頂きました。
みなさんも機会があれば是非受講して一緒に楽しみましょう♪

といっても私の場合。テレマークでのBCデビューは何時の事やら・・・
でもスノーシューで山に出かける時には是非、実践してみたいものです。楕円柱テストを・・・(笑)

もちろん来年も雪崩講習会には参加します。だって知識は時と共に薄らいでゆくでしょう~~~
私の場合は特に実践の場が少ないので・・・(笑)
コレを見て私も~~~と思った方!!来年は是非、ご一緒しましょうね~~~もちろん基礎コースで(^-^)/


最後に・・・・
北海道雪崩研究会の事務局の皆様、講師の皆様、ご一緒した受講生の皆様、そして雪崩講習会への参加を勧めてくれたmarboさんに深く感謝します。
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2010-02-02 11:53 | ひとりごと
<< 北海道の山メーリングリスト(H... テレマークの練習5回目の苦悩・・・ >>