秋の大雪縦走~お鉢めぐりの旅

9月24日・25日  天気 晴れ→曇り→雨→曇り→晴れ+風


旭岳から北海岳経由でお鉢をまわり黒岳縦走小屋泊。
次の日、北鎮岳ピストン中岳温泉経由で旭岳ロープウェイまでのまったり秋のカムイミンタラを満喫しちゃおうの旅は8月に私が所属しているお山の会。
十勝こまくさ会の8月例会に特別参加した朱♪のお誘いに乗って2連休をとったことから始まった。


単独でもなく・・・山の会の人とでもなく・・・小若でもない・・・
女子二人での山は、私にとって初めての経験だった。なんだか不思議な感覚。


シルバーウィークを過ぎた平日であることが今回のコースの魅力。
だって山の上でも人混み?!を見たくないから・・・

この計画を立てたのは・・・9月9日の初冠雪前のことで例年以上に早い雪に一時は断念しようと考えたが当日の天候を確認してできれば・・・と思っていた。

3日前に平山から天狗岳への縦走をしたばかりだったけど全く疲れは残っていない。
だってこのコースは夏に小若と歩こうと計画していたのに・・・・天気に邪魔されたから気合が入る。

でも、この時期大雪で天気が崩れるとヤバイ!!
天気予報では24日はいまいち・・・代替えコースを提案するも朱♪はどーしても「旭岳&ご来光」の両方を見たいと望んだ。そして、私もその思いに応えたかった・・・・


山登り超初心者の朱♪&初心者の若葉マークの挑戦が始まった。

早朝4時に出発し途中の狩勝峠での朝焼けは今日の山が最高の山になるような・・・期待が膨らむ光景だった。
f0203992_2356158.jpg




















6:45に旭岳ロープウェイ駐車場に到着。
さすがにシルバーウィーク後だけあり無料駐車場がガラ空きだ!!

準備をして7時15分のロープウェイに乗り込む。
f0203992_025163.jpg










朱♪・・・凄いデカザック!!小若を中に入れてきた?!わけもなく。

大は小を兼ねる・・・とデカイのを購入したらしい。別にテン泊じゃない・・・小屋泊まりだ!!
しかも1泊だけ(^^;
まっ冬装備はかさ張るしね~~~
それにしても・・・デカイ!!



ロープウェイを降りると北海道で一番デカイ山「旭岳」がド~~~ンと雲をかぶっていた。
f0203992_0152114.jpg














でも姿見の池で撮影タイムを楽しんでいると雲はみるみる流れていきスンバラシイ雄姿を現した。
f0203992_0165283.jpg

















旭岳に登るのは初めて。
岩場のみのトレイルをただ黙々と登るだけ。

時折、振り返り少しづつ高度があがっていることを感じる。左方には雲をかぶった十勝連峰・・・そして化雲岳・トムラも見えている。

今日の私のザックは38Lで約14kgだった。平山の縦走装備に比べるとなんて楽なんだろう~~~
それでも急登は息が上がる・・・
健脚なおっちゃんが若い?!二人を軽々と抜かしていく。息も上がっていない・・・スゲ~!!


そのおっちゃんに続き旭岳頂上に9:29に到着。

旭岳頂上は息が出来なくなるほどの強風ヶ時折吹き抜ける。そして広がる大パノラマに感動で絶叫!!

そして・・・この瞬間、間違えなく北海道1の高見に身を置いた朱♪
f0203992_0394831.jpg




















((注意))良い子の皆さんは決して真似しないでください!!落ちたら大方の人は生命の危機的状況となる可能性があります!!!


朱♪はスポーツ万能でバランス感覚がすごい。最近、小若も色んな標識やケルンや岩の上に立ちたがる。間違えなく朱♪の影響(^^;

朱♪は今回の山旅で北海岳以外の全ての標柱に立った。いつしか その行為は朱♪の義務になっていった。
私的にはおいしい写真がいっぱいでうれし~ぃに決まっている(^o^)V
本当に面白い子だよ朱♪。


旭岳ではスンバラシイ天気だったのに何処がピーク分からない間宮岳を過ぎて目の前にお鉢平が姿を見せた頃には天気は曇り&小雨が混じる・・・・

それでも目の前に広がる光景にテンションは上がる。
f0203992_052887.jpg

















生き物の気配を全く感じない世界。
まるで月面を歩いているような荒涼としたトレイルが続く・・・・

f0203992_0543414.jpg









                   そしたら、本当に宇宙人がっ!!!!
f0203992_0541329.jpg


北海岳辺りからは小雨が雨+風に変わり予定よりも早い雨にブーブー言いながら歩く。
ココを過ぎればそんなに登りはないのでペースを意識的にUPした。

だって朱♪はレインウェアを持っていなかったから・・・
一部山装備を朱♪に貸した時にレインウェアは準備するように言ったのに。しかも、ズボンはスノボ用で防水だからとも言っていたけど・・・どう見てもズブ濡れ!!

だから、少しでも早く・・・少しでも早く・・・このことばかりが頭の中を支配していた。
黒岳石室までの道のりが本当に遠く感じた。かなり重ね着はしているが風もあったので体温が低下しないうちに黒岳石室に着きたかった!!

気持ちだけが焦っていた。そのことを悟られないように・・・


12:58 黒岳石室到着。
予定よりかなり早い・・・だって写真を撮る時間を最小限にしてあるいたもの・・・
朱♪は小屋に着くなり総着替えで、寒がっていたけどめっちゃ元気!!

本日のお泊まりは・・・3パーティ8人+単独1人の計9人・・・少なっ!!
でも~アットホームな感じで楽しかった\(^0^)/
f0203992_1192125.jpg












雨がもっと早い段階で降っていたら・・・風がもっと強かったら・・・
そう考えるだけでゾッとした。
装備の最終確認をしなかった自分が悪い。
朱♪は超初心者だ一緒に最終チェックをしていればあの位の雨ならもっと楽しめたはずなのにゴメン・・・

山の道具は高い!!それは認める。でもちゃんとしたギアを持っているか否かで生死を分けることがあるのも事実。

別に高級なゴアのレインウェアを今回だけのために準備する必要はない。
何度も使えないけど安くて数回の使用ならOKな物もある。
去年、姪っ子を白雲山に連れて行った時も使い捨てのレインウェア(上下タイプ)を準備した。
結果オーライじゃないよね。パーティーで行動するならなおのこと自分だけじゃ済まないから。

石室の小屋番のお兄さんが親切にズブ濡れた朱♪のズボンを管理人室のストーブの上で干してくれた。
石室管理人のお兄さん&おっちゃん「ありがとうございました!!」



更に夜はホットウイスキーをゴチになりキャンドルを囲んでの山話は楽しかった~~~
f0203992_1411848.jpg


















そして次の日

第2の目的・・・ご来光
朝の3時に起きてトイレに行った時には満点の星空に期待していたのが朝起きてガッカリ(T_T)

それでも桂月岳に登り大地と空の間に今日の始まりを見つめる・・・・

f0203992_1513368.jpg























黒岳登頂後に石室を出発したのは8時


雲の塊がいくつも・いくつも私達をのみ込んで通り過ぎていく
f0203992_1551785.jpg












体が浄化されていく感覚・・・・


いつしか雲は流れ去り待ち遠しかった青が現る
f0203992_1572598.jpg


















北海道2番目の高さを誇る北鎮岳制覇!!
強風の中標柱のテッペンに足跡を刻む・・・・

f0203992_158476.jpg












                                    永山・比布・愛別が手招きをしているような気がしてならない・・・
f0203992_1591156.jpg
大雪の山の大きさに心が痺れる。



昨日登った旭岳を見ながら中岳温泉へ向かう
f0203992_22088.jpg















山麓の紅葉が嬉しい。



そしてココで嬉しい再会が待っていた!!
黒岳石室で一緒だったドイツ人ご夫婦ウォルトガン&マリオン。
片言の日本語と片言の英語?!いやっジェスチャーで大笑いだった。
f0203992_2113065.jpg


















ココでマリオンは水着で温泉を楽しんでいた。刺激的な光景を楽しむように休憩をしているおちゃん達が多かったような・・・・



歩きに合わせて姿を変える旭岳・・・・
f0203992_2292073.jpg















終わり良ければすべて良し・・・いい言葉だね。

朱♪へ
たくさんの笑いとハラハラ・ドキドキをありがとう。一緒に歩けて本当に楽しかったよ。
あなたの明るさが沢山の人ととの繋がりを作っているのだと感じました。
どうか、そのままの朱♪でいてね。いつまでも・・・・
そして、来年もまた空に向かって一緒に歩こうね。とりあえず金ためてカッパ買って下さい!(笑)


f0203992_2315389.jpg






詳細はいつもの様に後日レポをアップすると思うので・・・お楽しみに~~~(^-^)/


FBは9月いっぱいだって・・・急いでくださいソコノ食いしん坊さん(^_-)-☆
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2009-09-27 02:36 | 山歩き
<< 新たなチームも初戦敗退・・・ 平山から天狗岳の縦走で6ピーク... >>