ニペソツ山初登頂

7月5日 曇りのち晴れ

私が山登りを始めたのは2008年7月6日です。
そう!!プチ迷子になった白雲山の山登りから1年が経ちました・・・・早い。
だから、今回のニペソツ山は私の山登り1周年記念だゎ~~~しかも、初の2000m越えだし!!!
ご一緒させて頂いたのは・・・・冬のスノーシューの魅力を教えてくれたこまくさ会の先輩の皆さんです。



天気は曇り・・・二ぺ登山口の駐車場は大混雑
私の住んでいる町の駅前よりも賑わっているじゃないか~~~?!
先週に引き続き天気はまずまず・・・みんな考えることは同じだな。


丸太の橋を渡って二ぺまでの長い道のりがスタート!!
f0203992_4575658.jpg




















今回の山登りは今までに経験のない超ロングコースになる
小若「渡渉がないから頑張れると思う・・・」
引きずってる・・・先週行った斜里岳での渡渉、どんだけ怖かったのだろう?!


超ロングコースゆえ小若のザックには最小限の物しか入っていない。本当はもう一回り小さいザックに変えようとも考えたが、最小限の物が入らなかった。

小若の最小限の物とは・・・・
レインウェア上下・ザックカバー・スパッツ・ヘッドライト・上着(今時期は薄手のもの)・着替え(Tシャツ、靴下、タオル、手袋)・500mlのペットボトル1本・虫よけスプレー
これで4.1kgでした。(自宅出発前に計測)

いつもは500mlのペットボトルもう1本は持ってもらう。それに果物&おやつ・・・でも今回は私が背負った。
「自分の水は自分で持とうよ」といつも言っていたが、今回ばかりは未知の世界すぎて・・・
少しでも小若の負担を軽くして、頑張って歩き通せるように・皆さんにご迷惑をお掛けしません様にと願った。


小天狗頂上近くの岩場。この岩場はガイドブックや色々なHPでも紹介されている。
どんだけスリリング~~~♪ なのか楽しみ?!だったが・・・斜里岳での恐怖感がまだ感覚的に残っておりビビリはしなかった。
f0203992_5264928.jpg

















わずかな岩場のヘリを伝って歩く下のコースと岩場を乗り越える上のコースがある。
もちろん私と小若は上のコースを行く。だって見晴らしいいじゃ~ん♪

小若「楽しかった~~~」
私「剣山の梯子の方が怖いな・・・」という感想。



毎度のことだが今回も心優しき山男の皆さんが小若をフォローしてくださり・・・私は心おきなく写真を撮りまくる(^^;
f0203992_754366.jpg















本当にいつもありがとうございます・・・・





ニペソツ山は眺めて良し・登っても良い山だ・・・とご一緒した方が言っていたが、まさにその通りだ!!
天狗平を過ぎて初めて雄姿を現したニペソツ山・・・・感動で言葉が出なかった?!
いや・・・「すごーーーい!!素敵ーーーーっ!!感動ーーーーっ!!!」と叫んでいたと思う。

f0203992_6141495.jpg























雲の流れで見え隠れする二ぺの姿に一喜一憂しながら進む・・・




遥か遠くであった頂きに辿り着く・・・
f0203992_7583849.jpg


















二ぺ初登頂だからと一番に二ぺの頂きに立たせてもらった。
皆さんの優しさがじ~~~~んと心に響く。

感謝の気持ちでいっぱいです。
この山の頂上からの景色が見てみたくて山登りを本格的に始めて1年・・・素敵な1周年記念登山となりました。
「あざーーーーーすっ!!」



そして・・・帰りの道のりの長さにヘロヘロとなったのは言うまでもない。
でも、名残惜しくて何度も・何度も・何度も・何度も二ぺを振り返る・・・・
f0203992_8164558.jpg























登り 5時間25分 下り 4時間20分でした。



下山後に白樺のおっさんが・・・・
「ニペにも登ったし、もう若葉マークじゃないな!!マークを取って若葉だけでいいし、いっそのこと名前を改めても・・・・」と言って下さった言葉がとっても嬉しかった!!


一山一山どんな低山でも山に登ることで感じること、学ぶことは沢山ある。
山に登るたびに思う「山に登れる健康な体で良かった!山にめぐり会えて良かった!」と・・・
そして下山して思う「安全に下山出来て良かった!本当に良かった!!」と・・・・

一山ごとに経験を積み少しづつヤマノボラーとして成長していけると思うし、そうありたい。
でも、山に行ける喜びや山に行かせてくれる家族に、迷惑をかけない様に必ず無事で帰ることが大切だと思う。その気持ちを忘れちゃなんねぇ~~~。

驕らず・感謝の気持ちをずーーーーーっと持ち続けたい!!だから初心を忘れないためにも私は「若葉マーク」のままで良いのかなぁ~~~と思います。(^^)

山登り2年目を迎えた若葉マークを今後も宜しくお願いしま~すぅ!!




詳しいレポはいつもの様に気長にお待ち下され~~~(^-^)/
[PR]
by wakaba_a1012sora | 2009-07-07 09:10 | 山歩き | Comments(10)
Commented by marbo at 2009-07-07 15:36 x
登山をはじめて一周年記念登山がニペソツ山になったんですねぇ。
確か私の記憶が間違えていなかったら、お父さんの特別な山だったよね。きっと喜んでいたと思います。

二年目に突入! さらなるステップアップを期待します。
登山は脚で歩くことを覚えてから、手を使う登山が出来るようになり、それから全身が流れるように動くようになってきます。

カッコイイ「山女」になってくださいね。
Commented by Memuro512 at 2009-07-07 22:26 x
やりましたね、たいしたものです。
ニペソツは私にとっても特別な山です。今年か来年には次女を連れていくつもりでしたが、
小若ちゃんに先を越されたようです。ま、タフなお母さんの娘さんなんですから、しょうがないでしょう。
でもって、山登り親子の先輩として、一言。
小若ちゃんが中学生になって、バレー部に入るのでしたら、しばらく一緒に山登りはできなくなります。
若葉さんは、子供に部活を休ませてまで山に連れて行くような人でないはず。
だから、今のうちに少々無理してでも、いっぱい一緒に歩いて下さい。
何よりもそれはお母さんのためにね。
白樺のおっさん様、この母娘をどうぞよろしく。多分、私たちはみんな彼女たちの大ファンなんだと思います。
最後に、リンクありがとうございました。私も自分のでトライしたんですが、何か上手くいかなくって…。
じゃあまた。
Commented by 白樺のおっさん at 2009-07-08 07:57 x
 ニペソツ山は若葉さんにとっては、「思いれ」のある特別の山のようです。その山に愛娘とともに、好天のなか元気に登れたことに拍手、喝采!!です。

 M・512さんがおっしゃるとおり、小若ちゃんが中学生になり部活をすると一緒に登れないですね。今のうちですね。

 次はこまくさの7月例会登山です、テント泊の満天の夜空が見られることを願って・・・・。
Commented by koyuki at 2009-07-08 11:06 x
若葉さ~ん!楽しかったでっすね^^。
でもkoyukiはかなりヘロってました。最低コルからの登りは特に・・
小若ちゃんは本当に頑張りましたね。若葉さんの教育の賜物です。
アッパレを沢山あげたいな~♪この偉業が本人はどんだけ~のものかはキット解ってないのでしょうね。

スリリングな岩場は若葉さんと小若ちゃんが満面の笑み、それをサポートしてる鉄人の緊張した顔、対照的でした。koyukiのカメラは捕らえましたよ~^^)
Commented by 若葉マーク at 2009-07-08 20:05 x
marboさんへ
覚えてて下さったんですね。
32歳で若すぎる死を迎えた父は二ぺが大好きだったそうです。今回は父の写真と共に二ぺに登りました。
頂上からの風景を・・・父も見た風景を見たくて山登りを始めました。

>全身が流れるように動くようになってきます
marboさんがおっしゃる様な山歩きが出来るようになるために謙虚にお山に関わっていきたいと思います。「カッコイイ山女」を目指して頑張ります。これからも温かく見守っていてくださいね~~~

素敵な言葉をありがとうございました!!
Commented by 若葉マーク at 2009-07-08 20:16 x
Memuro512さんへ
次女ちゃんの先を越してしまってゴメンなさいね~~~(^^)/
本当に素敵な景色が間違えなくそこには有りましたよ!!
今度はテントを担いで行ってみたいな~~~

小若が中学校に行くと・・・本当に一緒に山に行けなくなりますね(T_T)
でも山登りが1年に1回でもいいんです。せっかく出来た山との繋がりです。だからその繋がりを大事にして行こうと思います。
回数じゃなく質で勝負じゃ~~~?!

Memuro512さん・・・大ファンだなんて・・・照れる~~~(^^;
サインは会った時でいいですか?! アハハハ・・・
いつか、どこかのお山で会えるといいですね。
Commented by 若葉マーク at 2009-07-08 20:24 x
白樺のおっさんへ
白樺のおっさんのマイ・マウント・・・・二ぺ!!
今回は本当にありがとうございました。
白樺のおっさんの「二ぺに連れて行ってやる」という言葉は本当に嬉しく、山を通じて出会えた事に感謝しました。人生の先輩として、山の先輩としてこれからも私&小若の成長ぶりを見守って下さい。

そして・・・早く親指を治してくださいね。山もいいけど、病院にも行ってくださ~~~い。

私のマイ・マウントも二ぺに決定です♪
Commented by 若葉マーク at 2009-07-08 20:33 x
koyukiさんへ
アッパレ~をたくさん頂きました!!
本人は偉業だなんて思っていません。でも小若的にも二ぺは本当に良かった~~~と大絶賛です。そして、また行きたいと言っています。
ロングコースで幾つもの上り下り・・・・大変だったからこそ頂上を踏みしめた時の喜びは図り知れません。

だから山登りは止められないのでしょうね~~~(^-^)/
7月の例会では更なる未知の世界へ・・・・足を引っ張らない様に頑張ります。どんな景色が待っているのかしらん?!
Commented by 白樺のおっさん at 2009-07-09 07:58 x
 若葉さんのアドバイスと「脅し」を受けて、翌日、朝一番で近くの皮膚科に行き診てもらいました。炎症を起こしているとのことで、飲み薬と塗り薬をもらい、「真面目」に治療しています。

 おかげで腫れは少し残っていますが、痛みは消えました。

 アドバイス、ご忠告ありがとうございました。
Commented by 若葉マーク at 2009-07-09 17:39 x
白樺のおっさんへ
そうですか~皮膚科へ行かれたんですね。これで安心です。
Lがいないと7月例会山行が・・・・ってそっちを心配???
うそうそ!!白樺のおっさんを心配してましたよ~~~指の切断でなくて本当に良かった・良かった(^-^)/
<< ナイターリーグ終わる・・・ 斜里岳の山開き >>